- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 
環境創造局 WEBキッズページ
スペース
ダイちゃん

動物園の紹介(しょうかい)

タイトルイメージ

横浜の環境を学ぶ
■野毛山動物園(のげやまどうぶつえん) もっとくわしく知りたい→

【写真】きりん スペース 【写真】ペンギン

 「野毛山動物園」は、みなとみらい21地区を見下ろす場所にある、野毛山公園(のげやまこうえん)の中にあります。
横浜の中心部に近いところで、たくさんの動物(どうぶつ)をみることができます。キリンやライオンからヘビなどのは虫類(はちゅうるい)まで盛(も)りだくさんです。
スペース
詳しくは、野毛山動物園のホームページへ

拡大 前のページへ戻る

スペース
■金沢動物園(かなざわどうぶつえん) もっとくわしく知りたい→

【写真】コアラ スペース 【写真】ぞう


 「金沢動物園」は、横浜の南にあるいくつかの「市民の森(しみんのもり)」にかこまれた緑豊(みどりゆた)かな金沢自然公園(かなざわしぜんこうえん)の中にあります。世界の大型草食動物(おおがたそうしょくどうぶつ)を展示(てんじ)しています。園内は、アメリカ区(く)・ユーラシア区・オセアニア区・アフリカ区の4つの大陸(たいりく)にエリアが分けられています。また、ヤギやポニーとふれあうことができる『ほのぼの広場(ひろば)』もあります。
スペース

詳しくは、金沢動物園のホームページへ


拡大 前のページへ戻る

スペース
■ズーラシア もっとくわしく知りたい→

【写真】おかぴ スペース 【写真】ぺんぎん


 全て開園(かいえん)すると日本で最大級(さいだいきゅう)の大きさの動物園「ズーラシア」。動物たちは、世界の地域(ちいき)に分けて見ることができるため、動物、植物、人の文化(ぶんか)を紹介(しょうかい)しながら、世界の環境を体感(たいかん)できます。動物たちの生まれた場所(ばしょ)を参考(さんこう)につくっているので、世界一周(せかいいっしゅう)の動物旅行(どうぶつりょこう)をしているかのようです。
スペース

詳しくは、ズーラシアのホームページへ

拡大 前のページへ戻る

スペース
■万騎が原(まきがはら)ちびっこ動物園(どうぶつえん) もっとくわしく知りたい→

【写真】モルモット スペース 【写真】コンタクトコーナー


 こども自然公園内にある「万騎が原ちびっこ動物園」では、モルモットやニワトリなどの小さな動物とふれあいながら学習もできます。
スペース

詳しくは、万騎が原ちびっこ動物園のホームページへ


拡大 前のページへ戻る

スペース
■こども植物園(しょくぶつえん) もっとくわしく知りたい→

【写真】バラ

 「こども植物園」では、植物にふれあうことで自然に親(した)しみながら知識(ちしき)をふかめてもらう活動(かつどう)をしています。 植物園の中には、「ニュートンのリンゴの木」や「メンデルのブドウ」など珍しい(めずらしい)種類(しゅるい)の草や木が多くあります。写真(しゃしん)にもあるように市の花「バラ」もきれいですよ。

見どころ 1年を通して、いろいろな花や木をみることができます。また、「みどりの学校」や「親子教室」では、植物の育て方などを学ぶことができます。
歩いて回れる時間 1時間
ある場所 横浜市南区六ツ川3丁目122番地
行き方 JR「保土ケ谷駅」東口、相鉄線「西横浜駅」(バス停:水道道)から「芹ケ谷行 、戸塚駅東口行、東戸塚駅東口行」のバスで「児童遊園地入口」
JR「戸塚駅」東口から「横浜駅西口行、水道道行」のバスで「児童遊園地入口」
JR「関内駅」北口、地下鉄「蒔田駅」、京急「井土ヶ谷駅」から「平和台行」のバスで「児童遊園地前」
大きさ 3ヘクタール
休み 毎月第3月曜日(まいつきだいさんげつようび)(祝日(しゅくじつ)にあたる時は、次の日)
年末年始(12月29日〜1月3日)
開いている時間 午前9時から午後4時30分まで
入園料(にゅうえんりょう) 無料(むりょう)
でんわ 045−741−1015

拡大 前のページへ戻る
---| トップページ | よくある質問(しつもん) | 環境創造局ホーム | ---
横浜市環境創造局政策調整部政策課 - 2006年1月30日 作成 - 2014年12月4日 更新
ご意見・問合せ - ks-kstoiawase@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2484 - FAX: 045-641-3490
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.