- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 


東京湾環境一斉調査 結果概要について



 平成27年度東京湾環境一斉調査につきましては、
8月5日を基準日、9月2日を予備日としていましたが、両日とも悪天候のため中止となりました。8〜9月の期間で各機関が任意で実施した調査のデータ提供を求め、提供数が多かった下記の日におけるデータを用いて環境調査の概要を作成しました。


1 調査日
  海域:8月3日
  陸域(河川等):8月5日
  ※10月2日までに事務局へ提出されたデータを使用して作成しているため、追加データ及び今後のデータの精査を経て修正される可能性があります。

2 参加機関
  国や大学、企業等  計98機関
  
3 調査地点
  環境調査地点  海域206地点、陸域443地点  計649地点

4 調査項目等
  海域:水温、塩分、溶存酸素量(DO)、化学的酸素要求量(COD)、透明度
  陸域:水温、化学的酸素要求量(COD)、流量、溶存酸素量(DO)、透視度
  
5 調査結果(概要)
   東京湾の湾央から湾奥一帯では、底層(海底上1m)のDOが少ない海域(DO<4mg/L)が認められました。横浜港〜川崎港〜羽田沿岸〜千葉沿岸にかけての海域では、特に底層DOが少ない地点(DO<2mg/L)もありました。
   河川水のCODについては、上流部で低く、下流部で高くなる傾向が認められました。

6 資料
  結果概要 公表資料(PDFファイル...145KB)
  別紙1 参加機関一覧(PDFファイル...80KB)
  別紙2 調査地点(PDFファイル...223KB)
  別紙3 調査結果図等(PDFファイル...959KB)
  別紙4 環境調査実施状況写真(PDFファイル...282KB)

 過去の調査結果及び東京湾再生推進会議の活動については以下のウェブサイトを御参照ください。
 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TB_Renaissance/index.html
  

問合せ先

東京湾再生推進会議モニタリング分科会事務局
海上保安庁海洋情報部環境調査課
山尾・渡邊 03-5500-7152 
環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室
山田 03-5521-8319

九都県市首脳会議環境問題対策委員会水質改善専門部会事務局
千葉県環境生活部水質保全課
在原 043-223-3816

東京湾岸自治体環境保全会議事務局
横浜市環境創造局環境保全部水・土壌環境課
大森・鵜久森 045-671-2489

東京湾再生官民連携フォーラム
モニタリングの推進プロジェクトチーム
古川 03-5404-6805

 

 

横浜市環境創造局環境保全部水・土壌環境課 - 2015年12月11日 作成 - 2015年12月11日 更新
ご意見・問合せ - ks-mizu@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2489 - FAX: 045-671-2809
©2005-2015 City of Yokohama. All rights reserved.