- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

特定建設作業実施届出 −窓口での届出− について



 指定地域内において特定建設作業を伴う建設工事を施工しようとするときは、次の要領で、騒音規制法・振動規制法に基づく特定建設作業の実施の届出をしてください。

1 届出対象地域

 横浜市全域 (ただし、都市計画法第8条第1項第1号による工業専用地域を除く。)

2 届出義務者

 特定建設作業を伴う建設工事を施工しようとする元請業者

3 届出期間

 特定建設作業の開始の日の7日前まで
 (例)


4 届出書の記入要領及び提出部数

(1)記入要領
 騒音規制法・振動規制法による法律別及び特定建設作業の種類別の届出は、様式第9の届出書により一括して記入して下さい。
届出書のダウンロード(Word形式 37KB)(横浜市専用の届出書です。他の自治体では使えません。)
記載例(PDF形式 109KB)
特定建設作業実施届出の手引 (PDF形式 555KB)
(2)提出部数
 届出書は正・副あわせて2部必要です。

5 留意事項

(1)特定建設作業の実施期間について
 期間についてはあらかじめ雨天等を考慮し、余裕をもって設定し、届出して下さい。
 なお、やむをえず当初届出した期間内に終了できない場合には、届出した期間内に、届出書の控えと変更の工程表2部及び担当者の認印を持参の上、変更の手続きをして下さい。

(2)夜間の特定建設作業について
 夜間の作業は原則禁止ですが、やむを得ず道路工事等で、夜間に特定建設作業を実施する場合には、警察署の許可書等の写しを届出書に添付して下さい。

(3)届出書について
 届出用紙は、複写(コピー)したものを使用しても差し支えありません。

(4)作業日数について
 作業開始日に終了する建設作業(1日で終わる建設作業)は届出の必要はありません。
 ただし、数日間隔で1日ずつ作業を行うような場合は、作業開始日に終了する建設作業ではなく、連続する作業とみなされるため届出が必要です。

6 届出書の添付書類

(1)特定建設作業実施場所における付近の見取図
 記載例:
見取り図
 記入上の注意:特定建設作業の場所の敷地の周囲80m程度の見取図を書いて、学校・保育所・病院・診療所・図書館・特別養護老人ホームの位置を図示すること。

(2)作業工程表
   ⇒作業工程表のダウンロード(Excel形式 16KB)(様式例です。同様の内容であれば形式は自由です。)
 記載例:
工程表

7 届出先

特定建設作業実施届出書は、直接窓口までご持参ください。(予約不要)
 横浜市中区真砂町2-22 関内中央ビル8階 85番窓口(→案内図
 横浜市環境創造局大気・音環境課 騒音担当
 電話:045-671-2485


横浜市環境創造局環境保全部大気・音環境課 - 2005年4月1日 作成 - 2016年12月8日 更新
ご意見・問合せ - ks-souon@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2485 - FAX: 045-671-2809
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.