- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

PRTRについて


 PRTR(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度) とは、有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握し、集計し、公表する仕組みです。対象となる化学物質は462物質あります(平成22年度実績から対象物質が変わりました。改正についてはこちらをごらんください)。
 PRTR制度は「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(化管法)により制度化されました。


 「化学物質について知ろう!」PDFアイコン(PDF 1.26MB)
  PRTRの概要や環境リスクについての説明資料


 PRTRについての詳しい説明はこちら→PRTRとは(PRTRインフォメーション広場:環境省)


届出方法

PRTRの届出方法、様式等についてはこちら → PRTRを届け出る事業者の方へ

公表データ


PRTR制度の活用

 PRTR制度によって、市民の皆様や行政等は、化学物質の排出に関するより詳しい情報を入手することが可能となりました。これにより、市民の皆様にはこれまで行政等や事業者の方に任せるしかなかった化学物質問題への取組に積極的に参加する機会が広がりました。
 PRTRデータを利用して、市民の皆様、事業者の方、行政等が、化学物質の排出の現状や対策の内容、進み具合について話し合いながら、協力して化学物質対策を進めていくことが期待されます。
横浜市環境創造局環境保全部環境管理課 - 2005年4月1日 作成 - 2016年12月14日 更新
ご意見・問合せ - ks-kagaku@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2487 - FAX: 045-681-2790
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.