- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

市条例に基づく土壌汚染対策について


 

土壌汚染対策法と横浜市条例の手続の違い、比較

横浜市生活環境の保全等に関する条例・施行規則(PDFPDF501kB)
 土壌・地下水汚染関係の抜粋版

横浜市生活環境の保全等に関する条例(第7章「地下水、土壌及び地盤環境の保全」関係)の運用解釈(PDFPDF299kB)
↑市条例に基づく土壌汚染対策の運用解釈については、こちらをご確認ください(H25/5/28更新)。

横浜市生活環境の保全等に関する条例(土壌汚染関係)についての質問と回答(PDFPDF290kB)
 内容は随時更新していきます。

●新条例の対象となる事業所について
条例対象事業所
※事業所が設置されていない場合でも、2,000平方メートル以上の土地の形質の変更を行おうとする場合は、手続きが必要です。
※「土地の形質の変更」とは、土地の形状を変更する行為全般をいいます。建築関係法令(都市計画法、宅地造成法等)の定義とは異なりますので、ご注意ください。


条例の改正に関する説明会(H24/8開催) 配布資料(PDFPDF1.7MB)
 ↑当日配布資料から一部修正しています。↑

 土壌汚染対策以外の「横浜市生活環境の保全等に関する条例」については、こちらへ


■ PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader が必要です。Adobe Readerのダウンロード

横浜市環境創造局環境保全部水・土壌環境課 - 2012年9月25日 作成 - 2015年5月29日 更新
ご意見・問合せ - ks-dojo@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2475・2494 - FAX: 045-671-2809
©2005-2015 City of Yokohama. All rights reserved.