- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

下水処理水の有効利用

下水の処理水を利用したせせらぎ回復

処理水

横浜の都市部では、急速な市街化により、土の中に雨水がしみこみにくくなっています。このため、湧水が枯渇し、豊かな川の流れが消えつつあります。快適な水辺を創造するには、水質、水量、水辺環境が一体となり、考えていく必要があります。

一方、横浜市では、下水道普及率が99%を越え、一日に150万立方メートル以上の下水を処理しています。この量は、横浜スタジアムをますにすると5杯の量に相当します。

この処理水を安定した貴重な水資源としてとらえ、自然の水循環を基本としつつも、都市部でその機能を補うために、処理水を利用したせせらぎの再生に取り組んでいます。

横浜市環境創造局下水道計画調整部下水道事業マネジメント課 - 2005年4月1日 作成 - 2011年5月1日 更新
ご意見・問合せ - ks-jigyomanagement@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2840 - FAX: 045-664-0571
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.