- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

改良土プラントPFI事業

下水汚泥の焼却灰を有効利用する改良土プラント事業について、有効利用の拡大を図るため、現有施設の増設を行います。

この施設増設の設計・建設および改良土プラント全体の維持管理運営を「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(PFI法)に基づく事業として、実施します。

改良土とは、下水道工事等で掘削された土に焼却灰を約10%混合して良質な埋め戻し材とした土のことです。

下水汚泥の焼却灰は、土を良質なものにする石灰分が多く含まれており、また、土の水分を吸収する効果をもっています。この焼却灰の性質に目をつけ、現在、北部第二下水処理場の敷地の中に改良土プラントを設置し、改良土を製造しています。

改良土プラントは、いままで埋立処分されてきた焼却灰を有効利用することで、処分地の延命化や循環型社会の形成に一翼を担っています。

事業概要

事業スケジュール

平成14年9月 実施方針の公表
平成14年10月 特定事業の選定
平成14年12月 公募要項の公表
平成15年1月 公募要項追加のお知らせ
  公募要項に対する質問の回答
平成15年3月 契約交渉者の選定
平成15年3月 本契約 
平成15年7月〜 改良土プラントの計画、設計、建設
平成16年1月 施設の引き渡し、供用開始 
平成31年3月 事業の終了(当初平成26年3月から5年間の事業延長)

審査委員会

横浜市環境創造局下水道施設部下水道施設管理課 - 2005年4月1日 作成 - 2014年4月1日 更新
ご意見・問合せ - ks-shisetsukanri@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3969 - FAX: 045-641-4870
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.