- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

金沢水再生センター

表紙

お知らせ

平成28年度の「夏休み親子の下水道教室」については、定員に達しましたので締め切りました。

イベント情報

金沢水再生センターでは、市民のみなさまの見学を随時受け付けております。
お申し込みはこちらから施設見学
イベント名開催日程備考

  


現在実施しているイベントはありません。

  


概要

金沢水再生センターは、横浜市国際港都建設計画に基づく下水道整備計画の一環として建設された水再生センターで、横浜市で8番目の水再生センターとして1979年(昭和54年)10月に運転を開始しました。
なお、平成21年4月より隣接する南部汚泥資源化センター を統合し、管理を一元化し、平成22年4月1日より組織名称を「南部下水道センター」に改めました。

本処理区は分流式及び合流式下水道が採用され、 金沢区の全域と 磯子区港南区の一部を処理区としています。

汚水は直接流入又は金沢ポンプ場を経由して本水再生センターに流入し、標準活性汚泥法により高級処理され、(一部系列にてA2O法による高度処理を実施)滅菌後富岡川から東京湾に放流されます。

敷地面積 129,440 m2
計画処理面積 4,913ha
計画処理人口 381,600人
計画処理能力 221,900m3/日
汚泥処理 南部汚泥資源化センターへ圧送して処理



金沢水再生センターパンフレット PDF 710KB(PDF 710KB)

処理区域

拡大図 PDF 381KB(PDF 60KB)


特色

(1) 水処理第1、2、3系列にて、窒素・リンの除去を目的とした嫌気-無酸素-好気法(A2O法)による高度処理を行っています。

(2) 処理水を再利用する設備があり、機械の冷却水や場内の洗浄水、本館用空調機の熱源として使用しています。また、隣接する南部汚泥資源化センター及び資源循環局金沢工場へ雑用水等として送水しています。

(3) 所管施設として、金沢ポンプ場(汚水中継・雨水排水ポンプ場)、六浦ポンプ場(雨水排水ポンプ場)があります。いずれも、遠方監視制御装置により、水再生センターから運転・監視を行い、省力化を図っています。

(4) 鳥浜地区及び福浦地区には、市内の公害対策を目的とした工場排水用前処理施設として、鳥浜第一工場排水処理場福浦工場排水処理場があり、利用する企業からのメッキ系の排水を共同処理しています。
 (鳥浜第二工場排水処理場は、平成25年3月31日に廃止になりました。)


所管するポンプ場

金沢ポンプ場

金沢ポンプ場全景 敷地面積 14,710m2
計画排水面積 390ha
計画排水能力 65.1m3/秒
運転開始 昭和56年3月

特色へ

六浦ポンプ場

六浦ポンプ場全景 敷地面積 3,000m2
計画排水面積 102ha
計画排水能力 11.4m3/秒
運転開始 昭和48年11月

工場排水用前処理施設

鳥浜第一工場排水処理場

鳥浜第一工場排水処理場全景 計画処理量   シアン系    クロム・酸アルカリ系        60m3/日    340m3/日
公共下水道化 昭和53年8月
運転開始 昭和48年5月

特色へ

福浦工場排水処理場

福浦工場排水処理場全景 計画処理量     シアン系          クロム系          酸アルカリ系         130m3/日      75m3/日    1,320m3/日
公共下水道化 平成10年4月
運転開始 昭和57年5月

特色へ


アクセス



金沢シーサイドライン『並木北』駅よりお越しの場合

金沢水再生センターは、シーサイドライン「並木北」駅から徒歩5分の場所にあります。

通り道の写真その1 (1)シーサイドライン「並木北」駅の改札を出て、左へ進んでください。
通り道の写真その2 (2)「出口2」の階段を下りてください。
通り道の写真その3 (3)階段を下りましたら、交差点までまっすぐ進んでください。
通り道の写真その4 (4)「幸浦一丁目」の交差点で、右に進んでください。
通り道の写真その5 (5)しばらく進むと、金沢水再生センターの正門に着きます。お疲れ様でした。事務所は階段を上がった2階にあります。
横浜市環境創造局下水道施設部金沢水再生センター - 2006年7月1日 作成 - 2016年7月20日 更新
ご意見・問合せ - ks-nambugesuido@city.yokohama.jp - 電話: 045-773-3096 - FAX: 045-776-1689
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.