- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

公害苦情FAQ よくある苦情・相談について

Q2−4 自動車・鉄道・飛行機などから生じる騒音、振動、排出ガス

(1) 自宅に近接している道路の騒音がひどいです。

(2) 自宅前の道路を大型車が通行するたびに振動がひどいです。

(3) 駐車場からの自動車の排気ガスで困っています。

(4) 飛行機が低空で飛んでうるさいのですが。また、墜落も心配です。


(1) 自宅に近接している道路の騒音がひどいです。

 道路交通騒音については、騒音規制法で時間帯を分け、用途地域ごとに道路の車線数等による規制基準が設けられています。 規制基準を超える場合は道路管理者が対策を検討しますが、その際騒音測定が必要になる場合がありますので、 道路騒音でお困りの場合は担当までご相談ください。

 (大気・音環境課 電話:045-671-2483)

(2) 自宅前の道路を大型車が通行するたびに振動がひどいです。

 道路交通による振動については、振動規制法により用途地域と時間帯で規制基準が定められています。 まず、道路管理者に路面状況等の確認を依頼ます。その結果、対策が必要な場合は、舗装のやり直しを含めた検討がなされますので、 道路振動でお困りの場合は、担当までご相談ください。

 (大気・音環境課 電話:045-671-2483)

(3) 駐車場からの自動車の排気ガスで困っています。

 横浜市は、自動車の駐車時におけるエンジンの停止(アイドリング・ストップ)を条例で義務づけています。
 自動車の運転手は駐車時にアイドリング・ストップしなければなりません。
 また、自動車を使用する事業者や、駐車場管理者は、運転者にアイドリング・ストップを指導するよう努めなければなりません。
 駐車場におけるアイドリングでお困りの場合は、担当までご相談ください。

 (大気・音環境課 電話:045-671-2486)

(4) 飛行機が低空で飛んでうるさいのですが。また、墜落も心配です。

これまでに寄せられた問合せは、大きく分けると、 1)米軍、自衛隊の航空機 2)警察、消防、報道関係等のヘリコプターを主とした民間の航空機の飛行騒音がほとんどです。 米軍機、自衛隊機及び民間機の飛行等に関しては、国の所管する事項となっています。 そのため、横浜市では直接関与出来ませんが、市民生活を守る観点から関係機関に申し入れを行っていますので、担当までご相談ください。
(大気・音環境課 電話:045-671-2483)
(参考)
1) 米軍機、自衛隊機全般について 南関東防衛局報道室 電話:045-211-7129
2) 民間機全般について国土交通省 東京航空局 電話:03-5757-3032

* 基地問題についてのご意見・苦情の問合せ先(神奈川県)
* 横浜市の基地問題への取り組み(横浜市政策局基地対策課)
横浜市環境創造局環境保全部大気・音環境課 - 2005年4月1日 作成 - 2015年11月2日 更新
ご意見・問合せ - ks-soudan@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2483 - FAX: 045-671-2809
©2005-2015 City of Yokohama. All rights reserved.