- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会


 平成21年11月10日、横浜市環境創造審議会(梅田 誠 会長)から本市あてに「土壌・地下水汚染の規制のあり方」についての答申をいただきました。
 平成20年6月に本市は、「土壌・地下水汚染の問題については、法令の対象となっていない事例が増えてきており、放置すれば汚染の拡散が危惧される」ことから、「土壌・地下水汚染の規制のあり方について」諮問をしました。これを受け、審議会は、専門的な検討を行うための「土壌・地下水汚染対策検討部会」を設置し、9回に渡り検討を重ねました。
 答申には、本市が取り組むべき土壌・地下水の環境汚染対策についてまとめられています。この答申が委員の皆様の幅広い総合的な視点からまとめられた貴重なご意見であることを踏まえ、本市での今後の具体的な取り組みについて検討してまいります。

(参考 平成21年11月10日記者発表資料


1 答申の内容

主な内容:

1.土壌・地下水汚染の把握の機会拡充:
  一定の範囲内の規模の土地の開発時(形質変更時)を土壌・地下水汚染の把握の機会とすることが妥当。

2.土地所有者の責務の明確化:
  汚染原因者が不明の場合、地下水汚染の拡散を防止する者を土地の所有者、管理者又は占有者とすることが妥当。

3.搬出汚染土壌の適正処理: 汚染土壌の搬出時の管理等を制度化することが妥当。

※ 土壌・地下水汚染の規制のあり方について(答申の概要) (PDFファイル:404 KB)
※ 土壌・地下水汚染の規制のあり方について(答申の全文)(PDFファイル:208 KB)


2 部会の開催記録


   ○  第1回横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会(平成20年 6月30日開催)

   ○  第2回横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会(平成20年 9月26日開催)

   ○  第3回横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会(平成20年10月27日開催)

   ○  第4回横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会(平成20年12月 2日開催)

   ○  第5回横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会(平成21年 2月17日開催)

   ○  第6回横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会(平成21年 6月 1日開催)

   ○  第7回横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会(平成21年 7月16日開催)

   ○  第8回横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会(平成21年 8月 6日開催)

   ○  第9回横浜市環境創造審議会土壌・地下水汚染対策検討部会(平成21年10月 8日開催)



3 委員名簿  (敬称略)

部会長 猪狩 庸祐 弁護士
部会委員 後藤 ヨシ子 横浜商工会議所副会頭
部会委員 長岡 裕 東京都市大学 工学部都市工学科教授
専門委員 鈴木 由美 元 横浜市環境審議会委員
専門委員 中杉 修身 元 上智大学教授


環境創造審議会に戻る


横浜市環境創造局環境保全部水・土壌環境課 - 2008年6月24日 作成 - 2011年5月1日 更新
ご意見・問合せ - ks-dojo@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2475・2494 - FAX: 045-671-2809
©2005-2011 City of Yokohama. All rights reserved.