- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

緑地保全制度による指定拡大の取組


 横浜の緑は、都市化とともに減少してきており、まとまりのある樹林地を次世代に引き継いでいくため、
市では平成21年度から横浜みどりアップ計画に基づいて樹林地を保全する取組を進めています。

 市内に残る緑の多くは民有地であることから、所有者の方ができるだけ長く持ち続けられるよう、
所有者の方のご理解とご協力を得て緑地保全制度に指定し、固定資産税等の減免・相続税の軽減や、
維持管理(※参考)などの面から支援しています。

 そのうえで、特別緑地保全地区や市民の森等の指定地で、法に基づく買入申出や不測の事態による
買取希望に対応し、市が土地を買い取ることで、市内に残された貴重な緑地の永続的な保全を図っています。


 横浜市の主な緑地保全制度のご案内です。

   緑地保全制度のご案内(PDF形式  2.88MB


 各制度のご案内は、次をご覧ください。

  ・特別緑地保全地区・近郊緑地特別保全地区

  ・市民の森

  ・緑地保存地区
  
  ・源流の森保存地区

 
 ※参考
   樹林地維持管理助成事業については、こちらをご覧ください


PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

横浜市環境創造局みどりアップ推進部緑地保全推進課 - 2009年8月7日 作成 - 2014年11月14日 更新
ご意見・問合せ - ks-ryokuchihozen@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3534 - FAX: 045-224-6627
©2005-2014 City of Yokohama. All rights reserved.