- トップメニュー|検索

環境創造局トップ環境創造局についてサイトマップ

 

名木古木

 

 

名木古木保存事業について

 

観音寺のイチョウ(港北区篠原町)


名木古木保存事業は、古くから町の象徴として親しまれ、故事来歴などのある樹木を指定することで、潤いのある市民生活の確保と、都市の美観風致を維持するために昭和48年度からスタートしました。

平成28年4月1日現在、986本と9群の樹木が「名木古木」として指定されています。

【根拠条例等】

□緑の環境をつくり育てる条例

□横浜市名木古木保存事業実施要綱(PDFファイル) (平成28年4月13日改正)

【制度等について】

□指定について

□指定樹木に対する助成について

□名木古木指定樹木一覧(平成28年4月1日時点)

 

PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

横浜市環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課 - 2005年4月1日 作成 - 2016年7月22日 更新
ご意見・問合せ - ks-ryoka@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3447 - FAX: 045-224-6627
©2005-2016 City of Yokohama. All rights reserved.