- トップメニュー|検索
トップ >  高齢者・障害者 > 高齢者の方 > 高齢者の方へ 

高齢者の方へ 

制度等に関するご案内

     横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた金沢区の行動指針(PDF形式4.22MB)

   

 

金沢区で実施している教室等の日程をご案内します

お問合せ先:金沢区福祉保健センター高齢・障害支援課高齢者支援担当(4階401窓口)
電話:788−7777
 

   11月11日「介護の日」にちなみ、11月に様々な関連イベントを開催します。

  • スリーA体験講座   

    脳活性化リハビリゲームを通し、笑いながら脳を活性化させるので、楽しみながら認知症予防が行えます。ぜひ、ご参加ください! 
  並木ケアプラザ H30年7月25日 (PDF形式582KB)
  富岡東ケアプラザ H30年8月7日 (PDF形式622KB)

  
  

  

介護保険のページ

高齢者向け入所施設のページ

生きがいと社会参加

災害時要援護者支援事業

認知症についての取り組み

医療・介護連携についての取り組み       (主に医療・介護に携わる関係者の皆様へ

 横浜市では、横浜市医師会と協働し、在宅医療を担う医師への支援や、在宅介護を担うケアマネジャーなどに対する医療的支援を実施する「在宅医療連携拠点」を全区で整備・運営し、在宅医療・介護連携を充実・強化しています。
 金沢区では、連携拠点として平成27年1月から「金沢区在宅医療相談室」を金沢区三師会館内に設置しています。
 また、多職種連携会議の実施や在宅医療を担う人材育成研修等を通じて、区内の在宅医療と介護の連携を推進しています。区民の皆様が在宅で安定した医療及び介護サービスを受けるためには多職種間の連携が不可欠です。
そこで・・・
 平成29年3月、多職種連携を推進するためのツールとして「連携ハンドブックかなざわ〜みんなでささえる医療と介護〜」を発行しました。
 医療・介護連携を担う職種の皆様のハンドブックとしてご活用ください!!

    ★このハンドブックは、平成27年8月に実施した「金沢区在宅医療・介護関係団体・機関連絡会」で
    「連携をより一層進めるためには具体 的なツールを作成してみては」という提案がなされ、関係する方々へのアンケート調査の実施、
     グループワークによる意見交換等を重ねて出来上がりました。

    ★ハンドブックの中には具体的なツールは掲載していません。横浜市医療局が作成している入院時・退院時情報共有シートを活用すべく、
     現在、多職種で意見交換中です。また、緩和ケアに関する金沢区独自シートも考案中です。

   今も、日々金沢区の医療・介護連携の取組は進んでいます。
   ハンドブックは、皆さんのお声をいただきながら改訂することで連携推進の一助となります。

PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。
Adobe Reader を入手するAdobe Reader ダウンロードページへ
※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。


このページに関するお問合せは
金沢区役所 高齢・障害支援課 高齢者支援担当
〒236-0021 横浜市金沢区泥亀二丁目9番1号
電話:045-788-7777 ファックス:045-786-8872
各課へのお問合せについて
作成日: 2018年06月15日
最終更新日: 2018年06月20日
©2003-2018 City of Yokohama. All rights reserved.