- トップメニュー|検索
金沢区トップ > 金沢区地域力推進担当 > オープンデータ推進の概要

オープンデータ推進の概要

オープンデータとは

 オープンデータとは、政府や独立行政法人、自治体などが保有するデータを国民や企業などで利活用されやすいように機械判読に適した形で、二次利用可能なルールの下で公開されること、また、そのように公開されたデータを指します。
 日本では、政府のIT戦略総合本部により推進のためのロードマップが示され、全国各地で取組が進められています。
 オープンデータは、<経済の活性化・新事業の創出><官民協働による公共サービス(防災、減災を含む。)の実現><行政の透明性・信頼性の向上>を主な目的としており、官民協働で様々な地域課題解決および新ビジネスの創出などにより市民生活の向上に結び付くことが期待されています。

出典:オープンデータをはじめよう~地方公共団体のための最初の手引書~

オープンデータ先進自治体・金沢区

 金沢区が進めるオープンデータの特徴として、まず区役所自らがそのデータ活用のショーケースである「かなざわ育なび.net」を立ち上げたことが挙げられます。
 かなざわ育なび.netは、金沢区役所内の各部署やこども青少年局などが公開したオープンデータから子育てに関連したデータを活用し、運用フローの効率化などを実現したことから、オープンデータ活用の先進事例として各方面で取り上げられています。(参考:メディア等掲載実績
 今後は公開したオープンデータを通じた協働推進などにより、多様な方々の参加による様々な価値創造を目指します。

金沢区トップ > 金沢区地域力推進担当 > オープンデータ推進の概要