- トップメニュー|検索


広報よこはま 金沢区版 平成29年4月号

特集

その想い…お気軽にご相談ください!
〜地域活動をサポートす る金沢区の補助金〜

 活動をもっと広げたい!    新たな事業を始めたい! 


補助金をご活用ください!
 金沢区では、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、たくさんの人が地域の活性化や地域課題の解決に取り組んでいます。
 こうした取組をサポートする、金沢区のさまざまな補助金を紹介します。「何か活動を始めてみよう」とお考えの方、ぜひ区役所にお気軽にご相談ください!

補助金で想いを形にしませんか!?

●サロンや健康づくり活動を始めたい!
 金沢区福祉保健活動促進補助金 
◎こんな取組に活用されています

 「健康維持のために、家の近くで簡単にできる運動をやりたい!」という住民の声を受けて、町内会館でヨガ教室を始めました。
 補助金はヨガに必要な物品の購入などに活用しました。そのおかげで参加費を抑えることができたので、誰もが気軽に参加できるようになっています。

補助金の存在を知ったことで、活動に向けて一歩前へ踏み出すことができました。
谷津町内会 嵯峨野(さがの)さん

 無理なく一人ひとりにあった運動を講師に指導してもらっています。現在は月1回の活動ですが、「もっと回数を増やしてほしい」という声があがっています。

【補助金概要】金沢区地域福祉保健計画に掲げている「地域福祉の推進および地域住民の健康増進」を目指し、自主的・継続的に地域住民に開かれた活動をしている団体に対して支援します。
【補助額】最大10万円
【募集期間】4月3日(月)〜5月31日(水)まで
▼問合せ 福祉保健課事業企画担当(4階409) 
TEL : 788-7824 FAX : 784-4600



●地域のつながりをより深める活動をしたい!
 金沢区地域ネットワーク支援事業補助金 
◎こんな取組に活用されています

 パークタウンきずなの会は、地域における子どもを中心としたつながりの希薄化が課題となる中、ヤキイモ大会やハイキングなどの行事を実施して、多世代交流とつながりづくりに取り組んでいます。
 行事用に子どもが楽しめる遊具を購入するなど、補助金を活用したことで子どもの参加が増え、つながりも強化されて挨拶や声掛けをする機会が多くなりました。

補助金は ほんのわずかのひと手間で 広がる活動 広がる笑顔
パークタウンきずなの会 田村会長

 民生委員や公園愛護会、市民図書室などさまざまな団体と連携を深めながら活動しています。

【補助金概要】地域課題の解決に向け、地域の団体が連携して取り組む事業に対し支援します。
【補助額】最大50万円
【募集期間】通年
▼問合せ 地域振興課地域力推進担当(6階601)
TEL : 788-7809 FAX : 788-1937



●空き家を活用して、住民同士の交流の場にしたい!
 金沢区空き家等を活用した地域の「茶の間」支援事業補助金 
◎こんな取組に活用されています

 地域の子どもから高齢者まで、誰もが気軽に集い、交流できる場所をつくりたい…そんな思いから整備されたのが「富岡サロン ジュピのえんがわ」です。高齢者や養育者が集まるサロンと、子どもが訪れる駄菓子屋を併設することで、世代を超えた交流が生まれています。
 古民家を地域交流の場所にするため、補助金を活用して建物の改装工事を行い、利用者が安全に安心してひとときを過ごせるサロンへのリニューアルを実現しました。

私たち18人の仲間は、今とても充実しています。地域で元気に楽しく自分にできることを考えている方、勇気を持ってまず一歩!
富岡サロンジュピのえんがわ 高橋代表

 地元野菜やパンの販売、季節のイベント、ケアプラザとの連携による健康講座なども実施しています。

【補助金概要】空き家等を活用して行う、地域課題の解決、地域活性化の取組を支援します。 
【補助額】最大150万円
【募集期間】通年
▼問合せ 地域振興課地域力推進担当(6階601)
TEL : 788-7809 FAX : 788-1937



●ハード整備によるまちづくりに取り組みたい!
 ヨコハマ市民まち普請事業(都市整備局事業) 
◎こんな取組に活用されています

 六浦東・まち交流ステーション委員会では、20年間続けてきた「人材マップ」の取組をより活性化させ、担い手づくりと支え合いの地域活動を続けていくための拠点として、「もりのお茶の間」をオープンしました。地域の空き家を改装・活用して、ランチの提供、レンタルスペース、学習支援の寺子屋などの活動を展開しています。
 まち普請事業をきっかけに、スタッフの真剣みが何倍にも増し、スタッフ以外の地域の方の関心や協力も多く得られ、地域が一体となって拠点整備に取り組みました。

地域は人材の宝庫です。みんながやり遂げたいと思う事はみんなでやり遂げられます。
六浦東・まち交流ステーション委員会
岩崎会長と滝澤事務局長

 一人暮らしの高齢者、子育て中の方、児童・生徒、誰もが自然に集える拠点を目指して、さまざまなイベントも実施しています。

【補助金概要】市民の皆さまから身近なハード整備のまちづくりに関する提案を募集し、2段階の公開コンテストで選考された提案に対し助成します。
【補助額】最大500万円
【募集期間】4月3日(月)〜6月2日(金)まで
▼問合せ 地域振興課地域力推進担当(6階601)
TEL : 788-7809 FAX : 788-1937



●地域で生涯学習や趣味の講座をしてみたい!
 金沢区市民活動サポート補助金 
◎こんな取組に活用されています

 「すずカフェ」は、子育て世代を繋げる「地域のホッとできる居場所」として、京急すまいるステーションの休業日を利用し、月に2回程度ビーズアクセサリーなどの「手づくり」イベントを開催しています。
 補助金を使ってチラシの作成など活動のPRを充実させたことで、参加者が増えました。ここでの繋がりが社会や地域について目を向けるきっかけになっています。

補助金=活動を認めてくれているということだと思います。それが活動の自信にも繋がります!
すずカフェ準備委員会 阿久津代表

 みんなが「居心地がいい空間」になるように、スタッフが寄り添いながら取り組んでいます。

【補助金概要】地域の活性化や豊かなコミュニティづくりなどを目指す区民の自主的な活動を支援します。
【補助額】最大30万円
【募集時期】7月および平成30年1月
▼問合せ 地域振興課区民活動支援担当(6階601)
TEL : 788-7806 FAX : 788-1937


▼この特集に関する問合せは
 地域力推進担当(6階601)TEL : 788-7809 FAX : 788-1937

目次へ目次マーク

発行 金沢区役所広報相談係
〒236-0021 横浜市金沢区泥亀2丁目9番1号
TEL 045-788-7722 FAX 045-784-9580
テキスト以外、許可なしに全部あるいは一部を転載することを禁止します

(C)2017 City of Yokohama. All rights reserved.