- トップメニュー | 検索
横浜市 > 神奈川区トップ > 区政情報 > かながわ地域支援補助金

H29年度かながわ地域支援補助金

地域の課題解決を応援します。

神奈川区には、地域の皆さんが住んでいる街を良くしたいという取り組みを支援する『かながわ地域支援補助金』があります。
地域の様々な主体が新規に立ち上げる事業や、住民による地域の課題解決へ向けた事業を応援します。
申請を希望される方は、補助金要綱をご確認ください。
かながわ地域支援補助金交付要綱[pdf 381KB]
平成29年度かながわ地域支援補助金事業一覧[pdf 236KB]


【お知らせ】2次募集について
『かながわ地域支援補助金』の2次募集を行います。
申請期間は以下の通りです。
平成29年6月19日(月)〜平成29年6月30日(金)
申込みにあたっては、事前にご相談ください(予算の都合上、ご希望にそえない場合がありますので、ご了承ください。)。

コース

区民力発揮コース

○対象となる団体

 (1)区民(在住・在勤・在学)を中心として構成され、自主的に運営されている。
 (2)概ね5人以上により構成されている団体
 (3)団体への参加が全区民に開かれている など

○補助限度額

  1年目 2年目 3年目
補助限度金額 30万円 20万円 10万円
補助対象経費割合 10分の9限度

○その他支援

 (1)神奈川区の広報誌への掲載等、広報の応援
 (2)神奈川区区民活動支援センターのかめ太郎ボックスの利用
 (3)区民利用施設等の優先予約 など
  ※ご希望に添えない場合があります。

○支援期間

最長5年を限度とし、そのうち、補助金支援に関しては3年を限度とします。

地域スクラムコース

○対象となる団体

 (1)自治会町内会の住民などを対象としていること
 (2)自治会町内会を含む、2つ以上の主体が連携するもの など

○補助限度額

  1年目 2年目 3年目
補助限度金額 30万円 30万円 30万円
補助対象経費割合 10分の9限度

○支援期間

最長3年を限度とします。

補助対象外事業

次に該当するものは本事業の対象外とします。

  • 営利を目的としたもの
  • 政治、宗教、選挙活動
  • 施設の建設、整備
  • 政策の提案
  • 地域の交流など、親睦的な飲食

など

スケジュール

平成28年12月12日(月) 事前説明会  
平成28年12月12日(月)
〜平成29年2月3日(金)
申請書の提出 事業申請書類の提出
(書類を全て揃える)
平成29年2月下旬 審査 ※ヒアリングを実施する場合があります。
平成29年4月上旬 結果の通知 補助の可否結果を通知します。
併せて、補助金請求様式を送付します。
結果通知後
〜平成30年3月31日
活動期間  
事業終了後30日以内 報告書の提出 事業報告書類の提出
(書類を全て揃える)
平成30年1月〜3月 交流会の開催 交付団体の活動報告及び意見交換の場として
交流会を開催する予定です。

注意事項

  • 継続して補助金を申請しようとする団体は、毎年申請手続きの上、審査を受ける必要があります。
  • 神奈川区・横浜市及び社会福祉協議会から補助・助成等を受けている事業は、本事業には申請できません。
  • 提出書類は返却いたしません。
  • 本事業は、他の補助金が活用できる場合は、そちらを優先することになり、本事業への申請はできません。
    (例:防災に関する取り組み→「共助推進事業」)
  • 平成25年度まで「かながわ区民力発揮プロジェクト」の支援を受けていた事業については、「かながわ区民力発揮プロジェクト」と「区民力発揮コース」の支援期間を合算して5年(経費補助3年)を限度として申請することができます。
  • 平成25年度まで、「神奈川地域運営補助金(かながわ地域スクラム事業)」の支援を受けていた事業については、「神奈川地域運営補助金(かながわ地域スクラム事業)」と「地域スクラムコース」の支援期間を合算して5年を限度として、申請することができます。

申込方法

○申込みの際は、以下の書類を神奈川区役所区政推進課(5階502窓口)に直接ご提出ください(郵送不可)
○申込みにあたっては、必ず事前にご相談ください。


(1)事業申請書(様式第1号)
(2)事業計画書(様式第2号)
(3)収支予算書(様式第3号)
(4)団体概要書(様式第4号)
(5)団体の規約・会則など(様式自由)
(6)役員・会員名簿(様式自由)
※(1)から(4)は、ダウンロードできます。

書類のダウンロード

申請及び報告等に関する書類は、こちらからダウンロードできます。

 

■ダウンロード

(1)事業申請書(様式第1号)[word 42KB] (2)事業計画書(様式第2号)[excel 31KB]
(3)収支予算書(様式第3号)[excel 30KB] (4)団体概要書(様式第4号)[word 38KB]
(5)事業変更申請書(様式第7号)[word 27KB] (6)事業取下げ届(様式第9号)[word 26KB]
(7)事業実績報告書(様式第10号)[word 37KB] (8)事業報告書(様式第11号)[excel 26KB]
(9)収支決算書(様式第12号)[excel 28KB] (10)交付請求書(様式第14号)[word 47KB]

 

申請書類を各チェックポイント

これらのポイントを押さえておくと、申請書が書きやすくなります。

○事業申請書・計画書を書くポイント


 (1)地域の課題を捉え、解決する活動の提案となっているか。
 (2)先進的・先駆的な工夫やアイディアはあるか。
 (3)組織体制について、事業に見合った人数や体制が取られているか。
 (4)将来も継続し、活動が広がっていく見込みがあるか。

 

○事業予算書を書くポイント


 (1)事業を実施するための予算項目や内容・金額は妥当か。
 (2)事業内容に見合って効果的な支出となっているか。
 (3)印刷費、講師謝金、等の単価は妥当か。
 (4)参加費や会費、協賛金など補助金以外に資金を確保しようとしているか。

 

経費の使い方

補助対象となるもの、ならないものについて一部を掲載しています。
申請の参考にしてください。

経費項目 補助対象となるもの 補助対象とならないもの
消耗品費 ・活動に伴なう事務用品、
材料費等の購入
・余興的経費(記念品・賞品など)
印刷費 ・事業に関係するチラシや
ポスター等の印刷
 
使用料 ・事業に直接関係する会場使用料、
 機材等の賃借料
・団体の事務所の維持管理経費
・団体が管理する会場の経費
通信費 ・事業参加者への連絡等
・活動に伴なうハガキ、切手代など
 郵送料
・団体が所有する電話等の通話料
旅費 ・事業のために利用する
公共交通機関等の交通
・通常活動での交通費
・事業参加者に対する交通費
・団体内部の打合せに要する交通費
講師謝金 ・外部の講師、出演者、
指導者等への謝金
・団体内部者への謝金
・団体への人件費
保険料 ・事業開催に伴う行事保険や
活動保険
 
その他 ・区長が特別に認めた経費 ・30,000円以上の備品の購入
(ただし、地域スクラムコースで、
新たに実施する事業は、原則、
補助金額の2分の1未満を上限に
補助対象とする。)
・飲食費
(ただし、体験型イベント等に
おける食材及び
講師飲み物は補助対象とする。)

お問い合わせ

ご不明な点等ありましたら、下記までご連絡ください。

神奈川区役所区政推進課 地域力推進担当
電話:045-411-7026 FAX:045-314-8890
E-mail:kg-tiiki@city.yokohama.jp

 


PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。 ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、 インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。