- トップメニュー | 検索
横浜市 > 神奈川区トップ > 暮らしの情報 > 生活・相談 > 【消費生活】 消費者トラブル相談 最新情報

消費生活

消費者トラブル相談等、
横浜市消費生活総合センターからのお知らせを紹介します。

★ダイエットサプリメントを100円で購入したら
定期購入だった!★

◇「「アンケートに答えるとダイエットサプリメントがモニター価格の
100円で購入できる」というSNSの広告を見て、アンケートに答えた後に
「申し込む」をクリックした。すぐに販売業者から注文確認のメールが
届いたが、「商品価格108円、送料540円で合計648円。初回のみ
14日分、以降30日分」と記載されていたので、そこではじめて送料が
かかることや、定期コースだということに気がついた。申し込み画面には
送料や定期購入の記載がされていなかった。
 そもそも100円でサプリメントが購入できると思って申し込んだだけで、
定期コースであれば最初から購入しなかった。サイトに記載されている電話
番号にかけてもつながらない。初回分も含めて解約したい。

◇センターからのアドバイス
 
お試しのつもりが定期購入だったというネット通販のトラブルが後を絶ちま
せん。通信販売はクーリング・オフの対象外となるため、返品やキャンセルに
関しては、事業者の示す規約の内容に従うこととなります。
 しかし今回の場合、定期購入であることの説明がわかりにくいと思われた
ため、相談者には解約通知書を事業者あてに簡易書留で送るよう助言しま
した。注文するときはすぐに電話がつながるのに、返品・解約などの問い
合わせはつながりにくいというケースもあるようです。ネットで購入する際は、
安い金額だけに目をうばわれず、広告はすみずみまで読みましょう。また、
契約前に諸条件をしっかりと確認し、納得した上で注文するようにしましょう。
 


★整体院で購入した回数券はクーリング・オフ
できない!?★

◇先週、腰痛のため近くの整体院に行ったところ、「症状を改善させるため
には継続して施術を受けた方がよい」「回数券を買うと安くなる」と勧められ、
24回分の回数券を購入した。しかし、数回施術を受けたが一向に腰痛が改善
されず、通うのが大変なので、解約して未使用分を返金してほしい。
 なお、契約時に解約等について記載された書面は受け取っていない。契約
から8日間以内なので、回数券をクーリング・オフしたいが可能か。

◇センターからのアドバイス
 
訪問販売や電話勧誘販売など、不意打ち的な勧誘による契約や複雑な
契約などの場合、クーリング・オフ制度が設定されていますが、自ら
店舗に出向き購入した場合については、特定商取引法に関する法律の対象
ではないため、クーリング・オフ制度は適用されません。また、契約書面
の交付義務も課されていません。
 整体院の回数券など、継続的な契約を中途解約する場合、例えば体調
不良などで通えなくなったなどの場合でも、解約金や返金額などは、原則
として事業者の設定した規約に従うことになります。  
   回数券を購入する際は、解約の条件等をよく確認し、慎重に検討しましょう。
 

★不用品回収でネットの見積もりより高額な請求!★

◇引っ越しに先立って不用品を処分しようと思い、ネットで不用品回収の
事業者を探した。目に留まった事業者に見積もりを依頼し、具体的に回収
してほしい物を詳細にリストに記載して送信した。その後、その事業者
から電話があり、最低料金の15,000円で回収・処分できると言われたので
依頼した。実際に回収品を確認する必要はないのかと問い合わせたが、
事業者は「大丈夫」というのでそのままにしていた。
 回収当日になって回収したところ、金額は3万円かかると言われた。話が
違うと苦情を言っても、「マットレスの素材が重いのとパソコンモニターに
関しては別料金だ」と突然言い出し、話にならなかったので、何とか減額
してもらい2万円を支払って回収して帰ってもらったが、初めから追加料金を
取るつもりだったのではないかと不審だ。

◇センターからのアドバイス
  
初めに見積もり依頼をしたときに約束したリストの物だけを回収して
もらったのであれば、追加料金の支払いは不要だったと思われます。減額の
交渉は記録を残すためにも文書で行うことをおすすめしますが、一度支払っ
てしまった金額を返金交渉するのは、相手が応じない限り、大変困難です。
 インターネットで事業者を探すときは、一般廃棄物収集運搬業の許可を
得た事業者かどうか確認し、複数業者から追加料金やキャンセルの場合の
キャンセル料などの規約をきちんと確認し納得した上で依頼するようにしましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 消費生活相談窓口

  ・訪問販売などに関するトラブル
  ・パソコン、携帯電話のインターネットに関するトラブル など 
 消費者トラブルイラスト
本当に大丈夫ですか?
商品・サービスの契約トラブルなどの、消費生活に関する相談を消費生活相談員が応じています。
一人で悩まずに、まずはご相談を! 対象は横浜市内に在住、在勤、在学の方です。

 

 

  【横浜市消費生活総合センター】
     電話:045-845-6666 FAX:045-845-7720
     受付:平日 午前9時〜午後6時(正午〜午後1時は電話相談のみ)

         土・日 午前9時〜午後4時45分(電話相談のみ) 
         祝日、12月29日〜1月3日を除く 

 

また、神奈川区役所においても、毎日の暮らしの中で困った問題が起きた時のために、専門相談員による特別相談を行っています。
 こちらもご覧ください!
 特別相談