- トップメニュー | 検索
横浜市 > 神奈川区トップ > 暮らしの情報 > 生活・相談 > 12/12消費生活教室「住宅リフォーム工事の基礎知識」を開催します

消費生活

 消費生活教室を開催します。ぜひご参加ください。
ちらし

**********************************************************

消費者トラブル
相談等、
横浜市消費生活総合センターからのお知らせを紹介します。

★排水管洗浄トラブル★

◇高齢の母のところに事業者が来訪し、「この辺りを見回っているが、お宅は排水管が詰まっている。清掃したほうが良い」と排水管の高圧洗浄を勧められたようだ。母は洗浄をしたほうがいいのかと思い、「料金4万円のところを今なら2万円だ」とせかされ契約してしまったとのことだ。その日のうちに業者は高圧洗浄を行ったようだが、母は家の中にいて作業状況はよく分からないという。
 近日中に担当者が来訪し代金を支払うことになっているそうだが、クーリング・オフできないだろうか。


◇センターからのアドバイス

 上記のように、突然排水管事業者が来訪したり、「A地区の一斉排水管洗浄のため格安」と書かれたチラシを配布するなど、本当に必要か分からない排水管の高圧洗浄を契約させる手口が横行しています。
 訪問販売の場合、洗浄作業をすでに行ってしまっていても、法令で定める必要事項が書かれた契約書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフが可能です。
また、高圧洗浄作業はとっかかりで、次々と高額なリフォーム工事を契約させる手口もあるようです。知らない業者が突然訪ねてきても直接対応せず、契約するつもりがなければインターフォン越しできっぱり断りましょう。
 困ったときはセンターにご相談ください。
 


★床下検査で、多量の防腐剤をまく契約★

◇突然、事業者が訪ねてきて、無料で床下の検査をするとのことだった。一度は断ったが、断り切れず、しかたなくお願いしたところ「防腐剤をまかないとこのままでは土台が腐ってきて危険だ」と言われ、多量の防腐剤をまく契約をしてしまった。工事はその場で行われ、すでに完了しているが、あまりに高額なのでクーリングオフしたい。

◇センターからのアドバイス

 販売目的を告げないで「点検に来ました」と訪問しリフォーム工事などを契約させる訪問販売です。工事の完了後でも、クーリング・オフ期間内であれば解約できますので、クーリング・オフの手続きを行いましょう。勧誘を受けても、その場で契約せず、他社との比較検討をするなど、冷静によく考えた上で契約しましょう。
 困ったときはセンターにご相談ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 消費生活相談窓口

  ・訪問販売などに関するトラブル
  ・パソコン、携帯電話のインターネットに関するトラブル など 
 消費者トラブルイラスト
本当に大丈夫ですか?
商品・サービスの契約トラブルなどの、消費生活に関する相談を消費生活相談員が応じています。
一人で悩まずに、まずはご相談を! 対象は横浜市内に在住、在勤、在学の方です。

 

 

  【横浜市消費生活総合センター】
     電話:045-845-6666 FAX:045-845-7720
     受付:平日 午前9時〜午後6時(正午〜午後1時は電話相談のみ)

         土・日 午前9時〜午後4時45分(電話相談のみ) 
         祝日、12月29日〜1月3日を除く 

 

また、神奈川区役所においても、毎日の暮らしの中で困った問題が起きた時のために、専門相談員による特別相談を行っています。
 こちらもご覧ください!
 特別相談