- トップメニュー | 検索
横浜市 > 神奈川区トップ > 暮らしの情報 > 生活・相談 > 【消費生活】 消費者トラブル相談 最新情報

消費生活

消費者トラブル相談等、
横浜市消費生活総合センターからのお知らせを紹介します。

★振袖レンタル事業者と連絡がとれなくなったトラブル★

◇娘が高校を卒業したころ、「2年後に迎える成人式のための振袖をレンタルしないか」と事業者から電話で勧誘を受けた。さらにダイレクトメールも度々届いていた。
 数社から勧誘を受けていたが、一番感じが良いと思った事業者の店舗に、昨年1月下旬に出向いて、当時2年後の成人式のために振袖のレンタルと写真撮影、着付、髪のセットで30万円の契約をした。
 しかし報道で、契約をしていた事業者と連絡がとれなくなっていると知り、困惑している。解約・返金できないだろうか。


◇センターからのアドバイス

 振袖のレンタル・販売事業者と成人式前日から連絡が取れなくなっていると報じられているとおり、当センターにも多数の相談が寄せられています。今年の成人式にトラブルに遭われただけでなく、上記のケースのように来年、再来年の成人式や、3月の卒業式の契約に関する相談も多くなっています。
 事業者と連絡がとれない以上、残念ながら出来る手立ては少ないですが、センターでは、「領収書や申込書、事業者からのお知らせの手紙など、証拠となるものを保管する」「クレジットカード払いの場合は、クレジットカード会社に状況について一報を入れる。」等の助言をしています。
 「早くから予約しないと好みの着物が選べなくなる」「早く契約すれば割引」など、言葉巧みに契約を急がせるケースが多いようですが、早期の契約には業者の倒産などのリスクがあるため注意が必要です。
 着物に限らず、すべての商品やサービスにおいて、「高額な契約を急いでさせようとする」「事前の全額入金を急がせる」場合は慎重に対応しましょう。
 


★画像専用SNSでカナダ製高級ダウンコートが激安!とPRされていたが・・★

◇画像専用SNSで、「カナダ製高級ダウンコートが激安」と載っているサイトを見つけた。オシャレで機能性も高く、普段は10万円以上もするブランド商品だが、「特別に格安で3万円」とあったので、ネット通販で注文した。
 しかしその後、そのサイトに事業者名、住所、電話番号などの連絡先が書かれていない怪しいサイトだと気づいた。キャンセルについての説明もないため、偽サイトだと思う。取り消しをしたい。また、住所やクレジットカード番号が悪用されないか不安だがどうしたらよいだろうか。

◇センターからのアドバイス

 「高級ブランド商品が激安」という広告のネット通販から商品を注文したのに、「商品が届かない」「偽物が届いた」という偽サイトによる被害が後を絶ちません。
 今回の場合、注文先に対して注文を取り消す旨をメールして解約の意思を伝え、クレジットカード会社に連絡し対応を求めるとともに、万一商品が配達された場合は受取拒否するようアドバイスしました。
 相手に知らせてしまった住所やクレジットカード情報などの個人情報は、一度流出してしまうと取り戻すことはできず、クレジットカード番号を変更するなど、自衛に努めるほかありません。
 最近、SNSの広告から被害に遭うケースが増えています。注文する前に信頼できる相手かきちんと確かめるようにしましょう。


★築10年の節目マンションを狙った給湯器交換セールス★

◇築10年のマンションに住んでいるが、昨日2人組の男性が「下階で給湯器の交換工事をするので騒音が生じることの挨拶に来た」と訪ねてきた。
 「築10年はちょうど給湯器の交換時期にあたるので、1か月前にチラシを配って、このマンションの半数の住戸から申し込みを受けた。今回はまだ申込していない住戸をまわっている。本日中に申し込んでもらえればまとめて注文するので格安にできるし、10年保証付きだ」と言われ、交換したほうがいいのかと思い30万円の給湯器交換工事を契約した。
 その後、同じマンションに住む複数の住人に聞いてみたところ、そんな話は知らないといわれたので、訪問販売に引っかかってしまったと後悔した。高額だし、必要のない工事だと思うので解約したい。

◇センターからのアドバイス

  寒さが厳しくなる時期、もし給湯器が故障したら大変という不安や、給湯器の寿命が一般的に10年〜15年であることを理由に、築10年を超えた節目のマンションに一斉勧誘している事業者がいるようです。
 築10年は住まいの点検をしたほうが良いと言われる節目の時期ではありますが、ふいに訪問してきた事業者と契約する必要はありません。リフォームすべき箇所があるのか総合的に専門家にチェックしてもらい、複数業者から見積もりをもらって、十分検討し納得した上で判断するようにしましょう。
 怪しいなと思ったときは、センターにご相談ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 消費生活相談窓口

  ・訪問販売などに関するトラブル
  ・パソコン、携帯電話のインターネットに関するトラブル など 
 消費者トラブルイラスト
本当に大丈夫ですか?
商品・サービスの契約トラブルなどの、消費生活に関する相談を消費生活相談員が応じています。
一人で悩まずに、まずはご相談を! 対象は横浜市内に在住、在勤、在学の方です。

 

 

  【横浜市消費生活総合センター】
     電話:045-845-6666 FAX:045-845-7720
     受付:平日 午前9時〜午後6時(正午〜午後1時は電話相談のみ)

         土・日 午前9時〜午後4時45分(電話相談のみ) 
         祝日、12月29日〜1月3日を除く 

 

また、神奈川区役所においても、毎日の暮らしの中で困った問題が起きた時のために、専門相談員による特別相談を行っています。
 こちらもご覧ください!
 特別相談