- トップメニュー | 検索
横浜市 > 神奈川区トップ > 暮らしの情報 > 生活・相談 > 12/11消費生活教室「インターネット・スマホ(携帯電話)の落とし穴」を開催します

消費生活

 消費生活教室を開催します。ぜひご参加ください。

ちらし






**********************************************************

消費者トラブル
相談等、
横浜市消費生活総合センターからのお知らせを紹介します。

★修理しなくても地震保険の給付金がもらえる、と言われたが本当?★

◇昨日、「東日本大震災による建物への損害を調査している。資料を持ってきているので
見てほしい」と、突然事業者が訪問してきた。自宅に入れたところ、事業者は部屋の壁に
亀裂を見つけ、「地震保険の給付が受けられる。修理しなくても、保険会社に認められれば
請求できる。ただし、調査代として保険金の35%をいただきたい」と言われた。
 契約に承諾し、委託契約書に署名捺印したが、そもそも壁の亀裂は地震発生前から生じて
いたものだし、修理するつもりもなかったので、契約を後悔した。  
 契約書にはクーリング・オフの記載があるが、自分から招き入れた場合は対象外と
書かれている。もし断ったら違約金等が発生するのだろうか。


◇センターからのアドバイス

 地震保険は、建物や家財が地震を原因とする火災・損壊などによって生じた損害を
補償する保険であって、相談者宅の壁の亀裂が地震によるものでなければ、
保険は適用されません。  
 また、保険が使えると言われてリフォームの契約をしたが、保険が適用されず
自己負担が高額になったり、キャンセルしても高額なキャンセル料を請求されるなどの
トラブルも増えています。
 今回の相談の場合、事業者に連絡を取って契約したわけではなく、不意打ち性もあるので
クーリング・オフを主張し、事業者は解約に応じました。
 突然訪問されたときは、慎重に対応するよう心がけましょう。また、工事を依頼する際は
必ず複数の業者から見積もりを取るとよいでしょう。
 


---------------------------------------------------------------------------------------------------

 消費生活相談窓口

  ・訪問販売などに関するトラブル
  ・パソコン、携帯電話のインターネットに関するトラブル など 
 消費者トラブルイラスト
本当に大丈夫ですか?
商品・サービスの契約トラブルなどの、消費生活に関する相談を消費生活相談員が応じています。
一人で悩まずに、まずはご相談を! 対象は横浜市内に在住、在勤、在学の方です。

 

 

  【横浜市消費生活総合センター】
     電話:045-845-6666 FAX:045-845-7720
     受付:平日 午前9時〜午後6時(正午〜午後1時は電話相談のみ)

         土・日 午前9時〜午後4時45分(電話相談のみ) 
         祝日、12月29日〜1月3日を除く 

 

また、神奈川区役所においても、毎日の暮らしの中で困った問題が起きた時のために、専門相談員による特別相談を行っています。
 こちらもご覧ください!
 特別相談