- トップメニュー | 検索
横浜市 > 神奈川区トップ > 暮らしの情報 > 福祉・介護 > 横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた神奈川区行動指針

横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた神奈川区行動指針

横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた神奈川区行動指針を策定致しました

横浜市は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた行動指針」を策定し、横浜型地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。

この行動指針を踏まえ、神奈川区では区内の高齢者を取りまく現状や、2025年に向けて区役所だけでなく、区民の皆さまをはじめ、関係機関や団体、事業者の皆さまが連携して実施していく取組の方向性をまとめた「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた神奈川区行動指針」を策定しました。

 

横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた神奈川区行動指針(PDF 4365KB)

 

 本冊子は、神奈川区役所高齢・障害支援課(別館3階301番窓口)、神奈川区内の地域ケアプラザ・若竹苑などで配布しています。

 

 【参考】横浜型地域包括ケアシステム構築にけた行動指針(PDF2377KB)

 

 


PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。 ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、 インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。