- トップメニュー | 検索
横浜市 > 神奈川区トップ > 暮らしの情報 > 防災・防犯・救急 > 福祉避難所(特別避難場所)について

福祉避難所(特別避難場所)について

 横浜市では、大規模災害が発生した時に地域防災拠点や自宅での避難生活が困難な方のため、市内の社会福祉施設などと協定を締結して、特別避難場所として位置付けてきました。
 平成30年4月から全国でも広く使われている「福祉避難所」に名称を改めます。

(1)福祉避難所(特別避難場所)とは
・大規模災害によって甚大な被害が発生し、自宅で生活できなくなってしまった場合、市内の小・中学校などの地域防災拠点で避難生活を送ることになります。
・高齢者、障害児・者、妊産婦、乳幼児などの要援護者のうち、体育館などでの避難生活に支障がある方には、各地域防災拠点で要援護者向けのスペースを確保することになっています。
それでも、地域防災拠点での避難生活が難しいと判断された方を受け入れるための二次的な避難所が「福祉避難所」です

(2)福祉避難所への避難
・地域防災拠点や自宅での生活を維持することが困難で、特別な配慮を必要とする方が対象です。
・専門職(保健師)などが、本人の状況や要介護認定の有無などを確認し、福祉避難所への避難の必要性を判断します。
・福祉避難所が必要な機能や役割を果たすために、対象と判断されない方は避難することはできません。
・福祉避難所は、災害発生直後から必ず開設されるものではありません。
・地域防災拠点からの移動は、本人・家族などによる移動が原則です。

(3)対象施設
 区役所と協定を締結している社会福祉施設など(高齢者施設、障害者施設、地域ケアプラザなど)

(4)Q&A
Q:福祉避難所ってどんな施設?どんな設備や支援があるの?
A:区役所と協定を締結している、高齢者施設や障害者施設、地域ケアプラザなどの社会福祉施設です。
施設がバリアフリー化されているなど、要援護者が生活しやすい環境で、施設の状況に応じて可能な範囲で支援を受けることができます。
福祉避難所であっても、周囲の避難者と協力して、助け合いながら避難生活を送っていただくことになります。

Q:福祉避難所はいつ開設されるの?誰が避難できるの?
A:福祉避難所は、災害発生直後から必ず開設されるものではありません。
安全が確認出来て、運営準備が整った施設から、順次区役所が開設を要請します。
限られた資源を有効に活用するためにも、被災後の要援護者の状況を見きわめ、優先度の高い方から避難していただく必要があります。

Q:福祉避難所の受入れの基準は?誰がどうやって決めるの?
A:福祉避難所となる施設には限りがあるため、対象となる要援護者全員を一度に受け入れることは困難です。
地域防災拠点に避難している方の中から(あるいは地域防災拠点に集められた要援護者の情報から)、より支援の必要性が高い人を専門職(保健師)などが判断します。
専門職などの判断を基に、誰をどの福祉避難所で受け入れるかを区役所が決定します。

(5)協定締結施設 

 施設種別   名称   所在地   電話番号    
 地域ケアプラザ  反町地域ケアプラザ  反町1-11-2  321-8004
 地域ケアプラザ  神之木地域ケアプラザ  神之木町7-1  435-2906
 地域ケアプラザ  菅田地域ケアプラザ  菅田町1718-1  471-3101
 地域ケアプラザ  片倉三枚地域ケアプラザ  三枚町199-4  413-2571
 地域ケアプラザ  新子安地域ケアプラザ  新子安1-2-4  423-1701
 地域ケアプラザ  沢渡三ツ沢地域ケアプラザ  沢渡56-1  577-8210
 地域ケアプラザ  六角橋地域ケアプラザ  六角橋3-3-13  413-3281
 介護老人福祉保健施設  リハリゾートわかたけ  菅田町1826  476-1234
 介護老人福祉保健施設  神奈川苑  菅田町1989  470-2502
 障害福祉サービス事業所  ナザレ工房  神之木町7-1  435-2907
 障害者地域活動ホーム かながわ地域活動ホーム ほのぼの  神大寺2-28-19  491-2141
 障害者地域活動ホーム  神奈川区福祉活動ホーム  立町16-1  434-3748
 障害者地域活動ホーム  たんまち福祉活動ホーム  反町1-6-8  322-9461
 特別養護老人ホーム  若竹苑  羽沢町550-1  381-3232
 特別養護老人ホーム  けやき荘  菅田町1-1  470-3900
 特別養護老人ホーム  羽沢の家  羽沢町980  372-1239

 

特別養護老人ホームなどへの緊急入所について

大規模災害時、介護保険の要介護認定を受けている方のうち、地域防災拠点や自宅での生活が困難であり、施設職員による介助が必要な方を対象に、特別養護老人ホームなどで緊急入所による受入れを行うこともあります。

(6)関連リンク
地域ぐるみで災害対策―災害時要援護者支援ガイド―






PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。 ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、 インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。