- トップメニュー|検索
 サイトマップ

学校事務

 正面写真 教育委員会事務局
釘田さん  
平成15年4月〜平成20年3月 教育委員会事務局三ツ境小学校
平成20年4月〜平成27年3月現在 教育委員会事務局西谷中学校
武樋さん  
平成21年4月〜平成26年3月 教育委員会事務局本郷小学校
平成26年4月〜平成27年3月現在 教育委員会事務局西柴中学校

私たちとエネルギーいっぱいの学校で働いてみませんか!?
仕事中の風景
仕事中の様子

 

≪私たちが学校事務職員を志望した理由≫

 まず、私たちが学校事務職員を志望した理由をご紹介いたします。

釘田 「子どもが好き!学校で働きたい!」「でも人前で話すのは苦手・・・」学校事務なら私の性格に合 
っているかも!と思いました。

武樋 「子どもが好き!」「事務作業が好き!」という2つが志望理由です。

  このように、子どもが大好き!という方に、学校事務職員はぴったりです。日々、子どもたちのエネルギーが溢れた職場で元気をもらいながら、仕事をしています。

 

≪学校事務職員の仕事≫

 次に、私たち学校事務職員がどのような仕事をしているかをご紹介いたします≫

 学校事務職員は、横浜市立の小・中・特別支援学校に配属され、業務を行います。学校規模などにより、単数・複数配置されています。学校事務職員数は約650名。男女はほぼ同数です。

 学校事務職員の仕事は主に4つの分野に分かれています。

「ひと」   教職員の服務・人事 など

「もの」   施設・物品・教材教具の整備 など

「おかね」 学校配当予算・教職員の給与 など

「情報」   文書の管理・情報公開 など

 

  学校にいる唯一の行政職員です。現場の意見と法的な観点を上手に調整しながら、縁の下の力持ちとして、子どもたちのために、日々仕事をしています。

 

≪学校事務職員のやりがい≫
次に、このような仕事を行っている上で、どのようなことをやりがいに感じているかをご紹介いたします。

釘田 自分次第で仕事の幅がいくらでも広がるので、実力を発揮しやすいというところに魅力を感じています。

武樋 子どもたちの笑顔や成長を見たときにやりがいを感じます。子どもたちの成長をいろいろな面から支援できるところが、学校事務職員の魅力だと思います。

 このように、十人十色のやりがいを感じることができる、無限の魅力を持つ仕事が、学校事務職員です。

 

≪学校事務職員を目指す皆様へ≫

 ここまでご紹介いたしましたように、学校事務職員は、学校というエネルギー溢れる環境の中で、子どもたちのために日々仕事をしています。私たちと一緒に、魅力たっぷりの学校事務職員として働いてみませんか!? 

講演中の様子
講演中の様子

 
 ・配布資料(PDF/531KB)

教員採用試験・選考情報

  • 大学卒程度採用試験
  • 高校卒程度、免許資格など採用試験
  • 社会人採用試験
  • 身体に障害のある人を対象とした採用選考
  • その他の採用試験・選考
  • 試験・選考日程実施結果
  • 受験案内・パンフレットの入手方法
  • 採用試験Q&A

TOP


横浜市トップ > トップ「始動。」 >  説明会 > 就職セミナー > 講演内容 >