- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   いず魅力なび   >   歴史   >   いずみいまむかし   >   第2章 地区別小史   >   

観音寺と本尊聖観世音菩薩

緑園を中心に開発が進む岡津・新橋地区

2.観音寺(かんのんじ)と本尊聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)

観音寺
観音寺

 県道瀬谷・柏尾線の新橋観音寺バス停前に、曹洞宗の阿久和山観音寺がある。

 天正十九年(一五九一)五月三日阿久和村の領主になった安藤治右衛門正次が、元和三年(一六一七)三月、先祖の冥福を祈るために当寺を創建したといわれている。

 当寺は、安藤家代々の菩提寺である。本尊の聖観世音菩薩立像は、像高八六cm、サクラ材の一本造りで、両腕から先や両足などは、後世に補造されたものである。

 こみいった模様はなく、ずんぐりとした素朴な彫り方で、平安時代後期の地方仏師の手によって造られたものと考えられる。よく当時の面影を伝えている仏像で、三十三年に一度のご開帳を行う秘仏となっている。

 観音寺は、中田寺稲葉堂(二十六番)、和泉町の正法寺(二十五番)、上飯田町の大石寺(二十四番)とともに鎌倉郡観音三十三札所の二十三番札所になっている。

 数年前、仏教国スリランカ国より送られた「仏舎利(釈迦のお骨)」と総丈四mの涅槃(ねはん)像が当寺に奉安され、ジャワルデネ元大統領閣下も来寺され、記念に当寺の境内に菩提樹を植樹された。またこの涅槃像を安置する釈迦殿の建立が予定されている。

 山門の横には、俳号「行々子」の句碑、「坂東・西国秩父観音百か所供養塔」、「鎌倉郡観音札所二十三番供養塔」などがある。

 観音寺を創建した阿久和村の領主安藤家の墓は、この寺にはなく、観音寺の北方の「お墓山」と呼ばれている所にある。

 お墓山は、県道瀬谷・柏尾線中村バス停の新橋よりの坂道を登り、急勾配の石段を五分ぐらい行くと、周囲に数十本の桜の古木があり、お墓山の案内板が訪ねて来る人々を迎えてくれる。

 この山には、安藤家三代正珍と正珍の弟次俊、四代正程とその奥方などの墓があり、傍らには阿弥陀如来石像などもあり、歴史を感じさせてくれる所である。

聖観世音菩薩立像 観音寺の涅槃像
聖観世音菩薩立像 観音寺の涅槃像

 

 前のページ ■■■■■ 次のページ   

PDF

いずみいまむかし〜泉区小史〜のPDFはこちら

冊子いずみいまむかしの写真  平成8年11月3日発行
 泉区制十周年記念出版
  いずみ いまむかし
    −泉区小史−  より



問合せ先
区政推進課広報相談係 1階101番
電話:045−800−2337
FAX:045−800−2506
※由来・歴史などの詳細については回答できかねますので、ご了承ください。