- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   いず魅力なび   >   歴史   >   いずみいまむかし   >   第2章 地区別小史   >   

岡津小学校の変遷

緑園を中心に開発が進む岡津・新橋地区

13.岡津小学校の変遷

岡津小学校
岡津小学校
岡津小学校と周辺の小学校

 大正十年(一九二一)四月一日、中川村立「尋常高等小学校」という校名の小学校を、中川村字岡津鷹匠町二三一一番地に設置した。中川村立「尋常高等中川小学校」となったのは大正十二年四月一日であった。

 明治二十二年四月一日、市町村制の施行により、阿久和村、岡津村、名瀬村、上矢部村、秋葉村の五か村が合併して、中川村が誕生した。この地方制度の整備にともない明治二十三年、小学校令が改正され,小学校教育に関する国と地方自治体との権限が明確にされた。

 小学校令により、各市町村は学齢児童を就学させることのできる尋常小学校を設置するよう義務づけられた。

 『横浜市教育史資料考』によると、中川村村長であった角倉庄兵衛は、「尋常小学校設置案」を村議会にはかった。

 当時、中川村内には阿久和学校、岡津学校、克明学校、名山学校があり、四校を統合して一校を設置する計画であった。しかし、阿久和村が独自に尋常小学校の設置を決めたため、やむをえず明治二十五年六月、岡津、名瀬、上矢部、秋葉の四地区で尋常科に高等科を併置した小学校を設置することとし、改めて村議会にはかった。

 この設置案は可決されたものの、学校の設置場所で協議が難航し、中川村に一校の小学校を設置することは難しくなり、阿久和に尋常阿久和小学校、岡津に尋常岡津小学校、上矢部・名瀬・秋葉の三地区で上矢部に尋常高等共進小学校が設置されることとなった。

 大正期に入り、中川村の三つの小学枚を統合しようという気運が出始めた。大正九年には、村議会で「尋常高等中川小学校創設案」が決議され、尋常高等共進小学校を第一校舎、尋常岡津小学校を第二校舎、尋常阿久和小学校を第三校舎として大正十年四月一日、尋常高等小学校が設置された。中川村は、四月二十二日から校舎の建設に着手し、校舎の完成とともに、今まで使っていた旧阿久和小学校、旧岡津小学校、旧共進小学校の校舎から引っ越し、十月一日から新校舎で学習が始まった。

 村では、十月二十日の大安吉日を選び、中川村立尋常高等小学校の開校式を挙げた。大正十二年四月一日より、各小学校は従来の尋常高等○○小学校を○○尋常高等小学校と改めることになったが、中川村でもこのとき中川村立中川尋常高等小学校と改称した。昭和十四年、中川村が横浜市に編入し、戸塚区阿久和町、岡津町、上矢部町、名瀬町、秋葉町となった。横浜市内には、すでに中川小学校があることから、校名を岡津尋常高等小学校と改称した。

 前頁の表は明治初期から現在までの中川地区の小学校の変遷を表したものである。明治初期の頃については資料がないために、詳細については不明な点もあるが、変遷を知る手がかりになると思われる。

 

 前のページ ■■■■■ 次のページ   

PDF

いずみいまむかし〜泉区小史〜のPDFはこちら

冊子いずみいまむかしの写真  平成8年11月3日発行
 泉区制十周年記念出版
  いずみ いまむかし
    −泉区小史−  より



問合せ先
区政推進課広報相談係 1階101番
電話:045−800−2337
FAX:045−800−2506
※由来・歴史などの詳細については回答できかねますので、ご了承ください。