- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   いず魅力なび   >   歴史   >   いずみいまむかし   >   第2章 地区別小史   >   

辨良上人と小島家

早くから住宅地として開けた中田地区

8.辨良上人(べんりょうしょうにん)と小島家

小島家文書
小島家文書

 中田寺(ちゅうでんじ)を創建した本誉良廓(りょうかく)上人の後を継いだのが中田村の小島家出身の就誉(しゅうよ)辨良上人であった。

 左の写真のように、辨良上人が書かれた文書(中田村領主石巻康敬添書)によると、彼は小島家三代目の九左衛門(くざえもん)の子息であった。

 初代十左衛門(じゅうざえもん)は、小田原北条氏が関東地方を支配していた頃の、小田原城五代城主北条氏直の家臣であった。

 天正十八年(一五九〇)豊臣秀吉の小田原城攻めにより小田原北条が滅亡すると、小島十左衛門は流浪して中田に来住して耕人となった。

 同じく小田原城の評定衆を勤めた石巻康敬(いしまきやすたか)も、小田原北条の滅亡により中田に蟄居(ちっきょ)させられたが、徳川家康が関東入国の折りに、五大夫橋(ブリジストン横浜工場先)に呼び出され、後に中田村を領地とせよという采地印状(さいちいんじょう)を渡されて中田村の領主になった。

 石巻康敬は、先に中田村に来住していた小島十左衛門に、昔の同僚のよしみをもって、若干の田畑を隠居料として与えた。これが中田の小島氏(現当主小島重留氏)の先祖である。

 石巻家は徳川将軍家の信頼が厚かった。その関係もあったのか、小島家出身の中田寺住職、辨良上人のことが将軍の耳に入り、大火にあって廃寺同様になっている、埼玉県川越の連馨寺(れんけいじ)を復興させよとお声がけがあって、連馨寺の住職に就任した。

 辨良上人は将軍の意を受けて立派に本堂等を再建し、寺域の拡張整備を行って山門を隆昌させ、第三十一世中興の祖と仰がれた。

 その後茨城県飯沼の弘経寺(ぐきょうじ)に招かれて住職に就任したが、元文四年(一七三九)に入寂した。

 辨良上人が住職を勤めた川越の連馨寺も、茨城の弘経寺も共に壇林と称した本山格で、幕府から朱印状を賜っており、僧侶を養成する名刹(めいさつ)でもある。

 就誉辨良上人の墓は中田寺本堂前にある。

 

 前のページ ■■■■■ 次のページ   

PDF

いずみいまむかし〜泉区小史〜のPDFはこちら

冊子いずみいまむかしの写真  平成8年11月3日発行
 泉区制十周年記念出版
  いずみ いまむかし
    −泉区小史−  より



問合せ先
区政推進課広報相談係 1階101番
電話:045−800−2337
FAX:045−800−2506
※由来・歴史などの詳細については回答できかねますので、ご了承ください。