- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   いず魅力なび   >   歴史   >   いずみいまむかし   >   第2章 地区別小史   >   

田丸家と鎌倉ハム

田園風景を今も残す下飯田地区

12.田丸家と鎌倉ハム

 缶づめのラベル
缶づめのラベル

 中和田南小学校バス停の交差点を南に下った所に、通称「ハム屋」と呼ばれる田丸家がある。
 現在の戸主、田丸稔氏の話によれば、父、田丸金次郎は、大正十三年(一九二五)から昭和十四年までの十六年間、この下飯田の地で当時のブランド商品とも言える「鎌倉ハム」のスライス缶詰を、「田丸商会」という名のもとで生産し販売していたとのことである。

 鎌倉ハムは、明治三十年(一八九八)に根岸に住むイギリス人ウイリアム・カティスによって創始され、鎌倉郡各地で生産されたためにその名が付けられた。主な生産者は、田丸家のほか、柏尾の岡部家、斎藤家、益田家、大船の富岡家、下和泉の清水家であった。

 金次郎は事業を興すに先立ち、明治四十年から大正十一年までのおよそ十五年間、兄七五郎とともに下和泉の清水桃太郎のもとで働き、修行を積んだ。その後、兄は清水家に残り、金次郎は独立し、別の兄である田丸巳之助とともに田丸商会を設立した。仕事の内容は、豚のモモ肉の燻製を仕入れてスライスし、間にりゅうさん紙という紙をはさんでブリキの缶に詰め、蓋をハンダで止めたあと小さな穴をあけ、温めて空気を抜いたあと穴をふさいで真空状態にする、という缶詰生産の作業であった。缶は、当時としてはめずらしい、ネジ切り込み式の「外ばめ缶」を使用していた。製品は東京の国分商店と銀座の三越デパートに納めていた。昭和十年当時、三越では一缶五十五〜六十銭で売っていた。現在の金額にすると一缶五千円もしたことになり、高級品として需要が高かったようである。幸いなことに、地元の人は切り残った部分を安くわけてもらい、口にすることができたそうである。

 やがて、戦争の始まりとともに軍事物資であるブリキが手に入らなくなり、廃業を止むなくされたが、当時の建物は、もとの場所の東隣である田丸家の屋敷内に移転されて現在も残り、往時をしのばせてくれている。

 

 前のページ ■■■■■ 次のページ   

PDF

いずみいまむかし〜泉区小史〜のPDFはこちら

冊子いずみいまむかしの写真  平成8年11月3日発行
 泉区制十周年記念出版
  いずみ いまむかし
    −泉区小史−  より



問合せ先
区政推進課広報相談係 1階101番
電話:045−800−2337
FAX:045−800−2506
※由来・歴史などの詳細については回答できかねますので、ご了承ください。