- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   いず魅力なび   >   歴史   >   いずみいまむかし   >   第4章 文化と産業   >   

泉区の祭りばやし

第4章 文化と産業

5.泉区の祭りばやし

 鎮守の森を背にして建つ幟(のぼ)り旗、その森から聞こえてくる囃子の太鼓や笛の音、また境内の夜店や余興の演芸を楽しむ人だかりの中の脂粉の香りなど、「村の鎮守の神様の、今日はめでたいお祭り日(び)」の童謡のように、地域の鎮守や氏神さまの祭りに我々日本人は、理屈では解せない不思議な魅力を感じ郷愁を持ち続けてきている。

 区内には法人格を持つ神社が二十社あるが、これらの大半の神社には昔からの祭り囃子が伝わっている。

 この祭り囃子はちょっと聴いただけではみな同じように聞こえるが、リズムを取りながら聴いてみるとテンポも複雑で、習得には相当な音楽的センスが必要であろう。

 その祭り囃子を大別すると神輿の渡御(とぎょ)に奏される囃子と、居囃子として演ずる阿亀(おかめ)、火男(ひょっとこ)や獅子舞などの舞囃子と、神楽風な「狐釣り」や「おかめ」などに奏される囃子とに分けることができる。

 神輿の渡御に奏される囃子はテンポが速くて威勢のよいのが特徴であるが、和泉の須賀神社の「二辺返(にへんがえ)し」と下飯田の琴平神社の「まつばやし」という叩き方は、おうな(左右が水田の中の道)を神輿が渡る時、水田に落ちないように願って叩く独特のゆったりとした曲相のものである。

 居囃子は優雅で落ち着いたものが多く、また舞囃子はともに踊りだしたい衝動に駆られる調子のものや、赤子をあやすような静かなものもある。

 次に区内の囃子の系統を大別すると概ね四系統に分けることができる。その曲目を紹介すると次の通りである。

1. 下町囃子系

御霊(ごりょう)神社―中田囃子保存会(無形民俗文化財保存団体)

 屋台(やたい)(下町)、鎌倉、岡崎、四丁目(しちょうめ)、昇殿(しょうでん)、神田丸、両国、國固(くにがた)め、宮鎌倉(みやかまくら)、子守歌、数え歌、阿亀(おかめ)、火男(ひょっとこ)、獅子舞、くるい(獅子舞)、キツネツリ、おかめ、祝い餅(創作神楽)

日枝神社―和泉三家囃子保存会

 屋台、岡埼、鎌倉、獅子舞

飯田神社―飯田神社囃子保存会
       台村子供囃子保存会

 屋台、乱拍子、岡崎、鎌倉、四丁目、獅子舞、阿亀、火男

柳明(やなみょう)神社―柳明神社囃子保存会(無形民俗文化財保存団体)

 屋台、岡崎、鎌倉、四丁目、獅子舞

2. 須賀囃子系

須賀神社―台谷戸太鼓保存会、中村囃子連、おかくら囃子、寄太鼓(よせだいこ)札まき、二辺返(にへんがえ)し、聖天(しょうてん)、鎌倉

神明神社―中村囃子連

左婆神社・八幡神社―並木谷戸祭囃子保存会

中之宮左馬神社―中和泉囃子連

第六天神社―第六天神社囃子保存会

鯖神社―下和泉鯖神社祭ばやし保存会

 以上五社おかくら囃子、聖天、鎌倉、

須賀囃子系の各神社では神社毎に同じ曲目を伝承しているが、長年の間に多少の違いもでき、また途絶えてしまったものもある。

3. 三柱囃子系

三柱神社―飯田南町太鼓保存会
 新囃子、聖天、宮聖天、四丁目(しっちょうめ)、鎌倉

4. 琴平囃子系

琴平神社―琴平神社囃子保存会
 逆ぶち囃子、聖天、宮聖天、まつばやし、鎌倉

 下飯田左馬神社にも昔から祭りばやしが伝わっていたが現在は継承されていない。

 また中川地区の三嶋神社、新橋の五霊社、神明社にも昔から祭りばやしが伝わっており、港南区の金石文に残されているように、地域外でも活躍した時代があったが、残念ながら現在は途絶えてしまったという。

おかめひょっとこを踊る小学生
おかめひょっとこを踊る小学生

保存と育成の活動経過

 昭和五十八年の戸塚区民文化祭には、戸塚地区センター五周年を記念して、戸塚区内の俣野、汲沢、小雀、下倉田、平戸、東俣野、谷矢部(やとやべ)の囃子連中と中田囃子保存会が戸塚公会堂で演奏会を催した。また昭和六十年には須賀神社の囃子保存会がおかくら囃子と二辺返しを、中田囃子保存会の囃子とともに戸塚公会堂で演奏した。

 昭和五十九年九月、戸塚区役所中和田支所総務課が「中和田地区太鼓保存育成事業」として中和田地区太鼓保存会規約を作り、昭和六十年一月に保存会が発足、三月には中和田支所駐車場で中和田地区太鼓祭ばやし演奏会が催された。

 当日は駐車場に特設舞台を作り、戸塚区長来席のもと、下和泉鯖神社祭ばやし保存会が鎌倉、おかくら囃子、中田囃子保存会がおかめ、飯田南町太鼓保存会が鎌倉、四丁目、和泉三家囃子保存会が屋台、鎌倉、岡崎、飯田神社囃子保存会が鎌倉、岡崎、須賀神社の囃子保存会が二辺返しなどを演奏して盛況であった。

 その後は各保存会とも後継者の育成や保存に取り組んでいる。

戸塚公会堂での演奏風景
戸塚公会堂での演奏風景

 

 前のページ ■■■■■ 次のページ   

PDF

いずみいまむかし〜泉区小史〜のPDFはこちら

冊子いずみいまむかしの写真  平成8年11月3日発行
 泉区制十周年記念出版
  いずみ いまむかし
    −泉区小史−  より



問合せ先
区政推進課広報相談係 1階101番
電話:045−800−2337
FAX:045−800−2506
※由来・歴史などの詳細については回答できかねますので、ご了承ください。