- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   いず魅力なび   >   歴史

泉区歴史なび

区内を流れる境川や和泉川、阿久和川に沿って縄文時代や弥生時代の遺跡が発掘されています。そして、その住居跡や土器・石器によって、区内にあった先史時代の文化を知ることができます。

古文書では、鎌倉鶴岡八幡宮所蔵の文永7(1270)年12月のものに岡津の地名が見え、ついで永仁6(1298)年の文書に飯田の地名が記されています。これにより、両地域とも水田地帯として早くから開けていたことがわかります。ちなみに鎌倉幕府成立前後、飯田には飯田五郎家義という武士が住んでいて、「平家物語」や「吾妻鏡」にも、その名前を見ることができます。

小田原に北条氏がいた頃は、上飯田を平山源太郎、下飯田を川上藤兵衛、和泉を笠原藤左衛門、岡津を太田大膳亮といった武士が治めていました。それが江戸時代に入ると、上飯田は佐野、下飯田は筧、和泉は松平、岡津は黒田、阿久和(新橋)は安藤、中田は石巻といった旗本の領地となります。石巻の祖は小田原北条氏に仕えた有力な武士・五太夫康敬であり、江戸時代初期に岡津にいた彦坂小刑部元正は代官頭の一人でした。


現在の泉区は、江戸時代まで相模国鎌倉郡(一部は高座郡)と呼ばれ、明治時代になると神奈川県鎌倉郡に改まりました。泉区の歴史をおよそ100年前にさかのぼり、主な出来事をたどってみると次のようになります。

  西暦 年号 主な出来事
      1868   明治元年 区内の村々の領主が領地を返納
12 神奈川県の管轄となる。
 1872  明治5年  村の名主を廃し、戸長・副戸長を置く。
 1873  明治6年  区画整理が行われ、鎌倉郡北部33ヵ村を第17区に編成、区の会所を中田の中田寺に置く。第17区6・7・8番組が現在の泉区に該当
 1874  明治7年  区・番組の称号を廃し、区を大区、番組を小区と改める。
鎌倉郡  1878  明治11年  群区町村編成法の執行により、大区・小区制を廃し、郡に郡役所、村に戸長役場を設置
 1884  明治17年  各村の戸長を廃し、連合戸長役場を和泉村の長福寺、岡津村の向導寺に設置
 1889  明治22年  市制・町村制の実施により上飯田・下飯田・和泉・中田は合併し鎌倉郡中和田村に、岡津・阿久和・上矢部・秋葉・名瀬は合併し鎌倉郡中川村になる。
持田角左衛門が製糸場を設立。これ以降、各所に製糸場が設立
 1892  明治25年  尋常中和田小学校(現、中和田小学校)創立
 1909  明治42年    横浜港開港50 周年にあたり、横浜市歌・徽章を制定
 1914  大正3年  戸塚・長後間の新道が開通(明治35年着工)、成宮鶴吉が乗合馬車の営業を開始
 1920  大正9年  戸塚・長後間の新道を県道に認定、鶴屋自動車会社が乗合バスの営業を開始
 1921  大正10年  尋常高等中川小学校創立(現、岡津小学校)。
 1923  大正12年  関東大震災で中和田村では730 戸中328 戸が、中川村では623 戸中138 戸が全壊するなど多大な被害を受ける。
 1926  大正15年  戸塚の不動坂から阿久和の観音寺下まで県道が開通(大正10年着工)
 1928  昭和3年    戸塚・阿久和間に相沢自動車店が乗合バスを運行開始
 1932  昭和7年    旅客機が東京・大阪間の夜間飛行を開始、航空灯台を和泉町横根稲荷の通称「富士やま(富士塚)」に設置(昭和19年撤去)
 旧戸塚区    1939  昭和14年  横浜市は第6次市域拡張を実施、鎌倉郡のうち1町7村(戸塚・瀬谷・中川・中和田・川上・大正・豊田・本郷)が編入され、戸塚区となる。
戸塚区役所開庁、このとき下阿久和が分離して新橋町となる。
 1947  昭和22年  中和田中学校、岡津中学校創立
  旧中和田村役場庁舎に戸塚区役所中和田地区事務所を設置
 1951  昭和26年  中和田地区事務所を廃止、戸塚区役所中和田出張所を開設
中田小学校創立
 1952  昭和27年  戸塚消防署中和田分遣所(現、泉消防署)を設置
12 中川地区事務所を廃止、戸塚区役所中川吏員派出所を開設
 1960  昭和35年  9 横浜市松風学園(現、知的障害者生活介護型施設)設置
 1968  昭和43年 上飯田小学校、中和田南小学校、東中田小学校創立
 1969  昭和44年  10 戸塚区から瀬谷区が分区
 1971  昭和46年  泉が丘中学校創立
10 新橋小学校創立
 1972  昭和47年  和泉小学校創立
 1973  昭和48年  いちょう小学校創立(平成26年3月閉校)
6 中田中学校創立
 1974  昭和49年  下和泉小学校創立
 1975  昭和50年  中和田出張所を和泉町字神田に移転
葛野小学校創立
しらゆり公園公開
しらゆり集会所開館
 1976  昭和51年  相模鉄道いずみ野線「二俣川駅」〜「いずみ野駅」間(6.0km)が開通
 1977  昭和52年  中和田出張所を廃止し、中和田支所を開設
 1978  昭和53年  いずみ野小学校、上飯田中学校創立
 1979  昭和54年  飯田北小学校、伊勢山小学校創立
 1980  昭和55年  11 横浜市なしの木学園(現、福祉型障害児入所施設「ぽらいと・えき」)設置
 1982  昭和57年  いずみ野中学校創立
 1984  昭和59年  いずみ台公園公開
10 神明台処分地暫定開放施設(現、第二野球場)開設
12 「横浜市戸塚区の再編成に関する条例」を市会で議決
 1985  昭和60年  和泉川の水辺拠点「和泉川親水広場」開設
12 新区名「泉区」選定
 1986  昭和61年  領家中学校創立
泉区仮庁舎が現在地に完成
11 泉中央公園開園
泉区 11 泉区発足(11月3日)
12 立場地区センター開館
 1987  昭和62年  区のシンボルマーク制定
 1988  昭和63年  泉区休日急患診療所「泉区メディカルセンター」開所
泉消防署開署
市政100周年泉区地域イベント「泉・水と緑の祭り」開催
11 緑園東公園公開
 1989  平成元年  老人福祉センター「泉寿荘」開所
泉図書館開館
和泉遊水池多目的広場開設
市政100周年「泉区民デー」開催
道路局泉土木事務所開所
12 西が岡公園公開
 1990  平成2年  水道局泉営業所(後の戸塚・泉地域サービスセンター)開所(2016年3月移転)
中川地区センター開館
緑園東小学校創立
相模鉄道いずみ野線延伸(「いずみ野駅」〜「いずみ中央駅」2.2km)
いちょうコミュニティハウス開館
神明台処分地暫定開放施設(現、第一野球場)開設
区内初の総合病院「国際親善総合病院」開院
領家公園公開
通所授産施設「共働舎」開所
 1991  平成3年  泉公会堂開館
こどもログハウス「げんきっこ」開館
11 上飯田在宅支援サービスセンター(現、上飯田地域ケアプラザ)開所
 1992  平成4年  泉警察署開署
区の花「あやめ」制定
葛野コミュニティハウス開館
泉スポーツセンター開館
 1993  平成5年  みなみコミュニティハウス開館
緑園地域交流センター開館
泉区民文化センター「テアトルフォンテ」開館
 1994  平成6年  横浜市営地下鉄(戸塚〜湘南台)起工式
相鉄いずみ野線(いずみ中央〜湘南台)起工式
いずみ野コミュニティハウス開館
緑園西小学校創立
和泉川の水辺拠点「地蔵原の水辺」開設
保健所を区役所に編入するなど区役所機構改革を実施
泉区総合庁舎起工式
12 横浜市総合計画「ゆめはま2010プラン」泉区計画策定
 1995  平成7年  環境事業局(現、資源循環局)泉事務所開設
西が岡小学校創立
西が岡コミュニティハウス開館
 1996  平成8年  天王森泉公園公開
泉中央公園に「あやめであい池」設置
11 泉区総合庁舎完成
 1997  平成9年  下和泉地区センター開館、下和泉地域ケアプラザ開所
阿久和川の水辺拠点「古のまほろば」開設
11 天王森泉公園開園
福祉活動交流拠点「泉ふれあいホーム」開所
 1998  平成10年  外国籍等区民生活相談を開始
10 かながわゆめ国体炬火リレー開催
11 阿久和川の水辺拠点「集いのまほろば」開設
 1999  平成11年  相鉄いずみ野線延伸(「いずみ中央駅」〜「湘南台駅」3.1km)
踊場地域ケアプラザ開所
下和泉ふれあい公園開園
横浜市営地下鉄延伸(「戸塚駅」〜「湘南台駅」7.4km)
10 神明台処分地暫定開放施設(野球場、スポーツ広場等)開設
 2000  平成12年  新橋天神の森公園公開
阿久和川の水辺拠点「出会いのまほろば」開設
11 阿久和川の水辺拠点「憩いのまほろば」開設
12 南西部夜間急病センター開所
 2001  平成13年  中田中央公園一部開設(野球場、レストハウス等)
いずみ中央地域ケアセンター(現、いずみ中央地域ケアプラザ)開所
中田コミュニティハウス開所
11 泉区ホームページ開設
市営地下鉄立場駅自転車駐車場開設
 2002  平成14年  保健所と福祉事務所を統合し、福祉保健センターを開設
泉区福祉保健活動拠点「泉ふれあいホーム」開所
区民交流活動拠点「わいわい泉」開所
泉区の人口が15万人を超える。
 2003  平成15年  上飯田地区センター開館
阿久和川の水辺拠点「ふれあいのまほろば」開設
 2004  平成16年  泉地域活動ホーム「かがやき」開所
市立保育園が局から区役所に編入
 2005  平成17年  都市計画マスタープラン・泉区プラン策定
土木事務所が局から区役所に編入
12 権太坂和泉線開通(和泉地区 720m)
 2006  平成18年  環状4号線開通(下飯田地区 2.1km)
 2007  平成19年  区マスコットキャラクター「いっずん」デビュー
県立境川遊水地公園一部公開
泉区生活支援センター「芽生え」開所
11 区の木「サクラ」「キンモクセイ」「ハナミズキ」「アジサイ」「コムラサキ」及び「モミジ」制定
 2008  平成20年  11 泉区横浜開港150周年記念事業プレイベント開催
 2009  平成21年  地域子育て支援拠点「すきっぷ」開設
泉区ファーマーズマーケット「ハマッ子」開設(2015年7月閉鎖)
児童養護施設「杜の郷」開設
11 泉区横浜開港150周年記念事業イベント開催
12 新橋地域ケアプラザ開所、新橋コミュニティハウス開館
 2010  平成22年  和泉川の水辺拠点「いずみ桜広場」開設
 2011  平成23年  横浜伊勢原線全線開通(戸塚区戸塚町〜泉区上飯田町 5.6km)
中田宮の台市民の森開園
 2013  平成25年  権太坂和泉線の一部を暫定形状で供用開始(和泉地区 360m) 
11 和泉川の水辺拠点「地蔵原の水辺」リニューアルオープン
 2014  平成26年  飯田北いちょう小学校創立
旧深谷通信所返還
 2015  平成27年  新橋市民の森開園
12 泉ゆめが丘地区土地区画整理事業着工
 2016  平成28年 泉中央公園リニューアルオープン
赤坂橋(架替)開通
10 いずみ野地域ケアプラザ開所
旧深谷通信所跡地中央広場開設
乳幼児一時預かり施設「鳩の森愛の詩ともとものおうち」開所
11 泉区制30周年
都市計画マスタープラン・泉区プラン改定
 2017  平成29年 10 和泉町第六次地区住居表示実施(第一次地区(2012年10月)〜第六次地区:予定区域終了)