- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   手続・申請   >   泉区から市外への引っ越し

泉区から市外への引っ越し

泉区から市外に引っ越される方の区役所での主な手続きのご案内です。
各手続きの詳細については、担当窓口にお問い合わせください。

転出届(泉区役所)転入届(新住所地)

泉区役所での手続き

引越しの約2週間前から

 手続き  転出届
 必要なもの  転出証明書をお渡しします。(住民基本台帳カードをお持ちでない方のみ)
  • 本人確認資料(運転免許証等)
 担当窓口  戸籍課登録担当(800−2345)2階204番

新住所地での手続き

新住所地に住み始めた日から、14日以内に手続してください。

 手続き  転入届
 必要なもの
  • 転出証明書(住民基本台帳カードをお持ちでない方のみ)
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ。4桁の暗証番号も必要) 
  • 在留カード又は特別永住者証明書(外国人住民のみ)
  • 本人確認資料(運転免許証等)
     ※運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付)等。詳しくは転出先の市区町村に電話等で必ず確認してください。

その他の手続き案内

平成27年3月作成

項目 泉区での手続
□手続に必要なもの
受付窓口 新住所地での手続
□手続に必要なもの
印鑑登録 特にありません
・転出予定日に抹消されます。
・転出予定日前日までに印鑑証明書が必要になった場合は、印鑑登録証に転出証明書※2を添えて請求してください。
2階 204番
戸籍課
登録担当
800-2345
必要な方は、登録の申請
 □登録する印鑑
 □運転免許証などの本人確認資料※1
住民基本台帳カード 新住所地でも継続利用できます。
 ※電子証明書は失効します。
住民基本台帳カードをお持ちの方は、転入手続きの際、必ず住民基本台帳カードをお持ちになってください。4桁の暗証番号も必要です。
公立小中学校の児童・生徒 転学届
・学校に転学届を提出し、次の書類を受取ってください。
 □在学証明書
 □教科書用図書給与証明書
今までの学校 転入手続、転校手続
 □在学証明書
 □教科書用図書給与証明書
国民年金
(1号被保険者)
異動届 2階 207番
保険年金課
国民年金係
800-2422
住所変更の手続
 □年金手帳
 □印鑑(朱肉使用)
国民健康保険 横浜市国民健康保険証の返却
 □横浜市国民健康保険証
 □印鑑(朱肉使用)
2階 205番
保険年金課
保険係
800-2426
加入の手続き
 □印鑑(朱肉使用)
介護保険
介護認定を受けている方
介護保険被保険者証の返却
 □介護保険被保険者証
 □受給者資格証明書の交付
加入の手続き
 □介護保険受給資格証明書
小児医療証 小児医療証の返却
 □小児医療証
 □印鑑(朱肉使用)
 ※所得証明書が必要な場合は、3階303番で申請(有料)。
2階 206番
保険年金課
給付担当
800-2425
小児医療証の交付申請
 □健康保険証
 □所得証明書(不要な場合もあります)
 □印鑑
 ※小児医療費助成制度は、市区町村によって対象年齢や所得制限等が異なります。手続き方法・必要書類等について、あらかじめ新住所地の担当窓口に確認してください。
後期高齢者医療被保険者証
【県外へ転出する方】 
※3 県内で異動する方
保険証の返還
 □保険証
 ※4 県外へ転出の場合、負担区分証明書を発行します
後期高齢者医療被保険者証の交付
 □印鑑(朱肉使用)
 □前住所地交付の負担区分証明書(県外のみ)
医療証(ひとり親家庭、重度障害者等) 医療証の返却
 □医療証
 □印鑑(朱肉使用)
医療証の交付
 □健康保険証
 □印鑑(朱肉使用)
 ※医療証ごとに必要書類があります。 受付窓口までおたずねください。
濱ともカードを持っている 濱ともカードの返還
 □濱ともカード
2階 214番
高齢・障害
支援課
800-2430
濱ともカード、敬老特別乗車証は横浜市独自の制度となります。同様の制度があるかどうかは、転出先の市区町村にお問い合わせください。
敬老特別乗車証を持っている 敬老特別乗車証の返還
 □敬老特別乗車証
福祉特別乗車券(障害児・者)、福祉タクシー券を持っている 福祉特別乗車券の返還
 □福祉特別乗車券
 □福祉タクシー券
2階 214番
高齢・障害
支援課
800-2430
福祉特別乗車券(障害児・者)、福祉タクシー券は横浜市独自の制度となります。同様の制度があるかどうかは、転出先の市区町村にお問い合わせください。
特定医療費(指定難病)医療受給者証 特定医療費支給認定変更届出書の配布 2階 214番
高齢・障害
支援課
800-2430
特定医療費支給認定申請
※必要書類は転出先の市区町村にお問い合わせください。
※転出先の市区町村で認定申請手続き後、特定医療費支給認定変更届出書と特定医療費(指定難病)医療受給者証を神奈川県へ送付してください。
身体障害者手帳
療育手帳
精神保健福祉手帳
手帳の住所変更手続 2階 209番
高齢・障害支援課
800-2417
800-2446
こども家庭支援課
800-2448
手帳の住所変更手続
 □身体障害者手帳
 □療育手帳
 □精神保健福祉手帳
 □印鑑(朱肉使用)
児童手当 転出の届(受給事由消滅届)
 □印鑑(朱肉使用)
2階 210番
こども家庭支援課
800-2418
認定申請の手続
 □請求者名義の銀行預金通帳
 □請求者の健康保険証
 □印鑑(朱肉使用)
 □課税(全件)証明書※5
児童扶養手当
特別児童扶養手当
転出の届
 □証書
 □印鑑(朱肉使用)
2階 209番
こども家庭支援課
800-2448
住所変更手続き
 □証書
 □印鑑(朱肉使用)
125cc以下のバイクを持っている 廃車の手続
 □ナンバープレート
 □標識交付証明書
 □印鑑(朱肉使用)
3階 303番
税務課
800-2353
登録の手続
 □廃車証明書
 □印鑑(朱肉使用)
廃車の手続きをしていない場合
 □泉区のナンバープレート
 □標識交付証明書
 □印鑑(朱肉使用)
 ▽ ケースにより必要なもの・手続きが異なります。新住所地へ必ずお問い合わせください。
住民税 特にありません。
住民税の場合、賦課期日1月1日に居住している市区町村で1年分の住民税が課税されます。
特にありません。
新住所地では、1月1日に居住していなければ住民税は課税されません。
犬の登録 特にありません。
新住所地で手続してください。
 ▽ 海外へ転出される場合はお問い合わせください。
3階 314番
生活衛生課
800-2452
登録事項の変更手続き
 □犬鑑札

※1 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付)等。詳しくは転出先の市区長村に電話等で必ず確認してください。
※2 住民基本台帳カードを利用した場合は、住民基本台帳カードを、国外転出の場合はパスポートを添えてください。
※3 県内で異動する方は、新住所地で手続きします。
※4 利用される制度によっては転出先で所得証明書(全件用)が必要となる場合があります。詳しくは転出先の市区町村に電話等で確認してください。
※5 1月1日現在、横浜市に住民票があった方

PDF 泉区から市外への引っ越し (PDF形式 256KB)

転出証明書について

転出を取りやめたとき(転出取消)

転出証明書と本人確認資料を持って、2階204番窓口へお越しください。

転出証明書を紛失したとき(転出証明書の再発行)

本人確認資料を持って、2階204番窓口へお越しください。

転出証明書や新住所地が変更になったとき

転出証明書はそのまま使用できます。
新住所地の市区町村で手続きしてください。

国外への転出

国外への転出の場合、転出証明書は発行されません。

国外へ転出届を出された方が、帰国し転入届をする場合

帰国して転入届を行う場合は、次の書類を転入先市町村の窓口にお持ちください。

  • パスポート(転入される方全員分)
  • 戸籍全部(個人)事項証明書(謄抄本)
    戸籍の附票
    ※(いずれも、本籍地の市区町村で取得してください。本籍地以外では取得できません。)
    (転入先が横浜市内で、本籍地が横浜市内の方は必要ありません)


PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。
ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。
Adobe Reader を入手するAdobe Reader ダウンロードページへ
※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。




メニュー ここから