- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   こども家庭支援課   >   子育て支援担当   >   保育所の利用案内

保育所の利用案内

 保護者が働いていたり、病気などのために家庭で保育できないお子さんを、保護者に代わって保育する児童福祉法に基づく児童福祉施設です。

お知らせ

保育教育コンシェルジュ出張相談の開催場所と日程new
 保育施設や保育サービスについてのご相談を伺います。

保育所等整備事業について
 平成31年4月に新しく整備される保育所等の情報を掲載します。

・保育所等の空き状況は、毎月5日頃までに更新します。
 詳しくは、「
5 泉区内保育施設の空き状況」をご覧ください。

1 保育所等の利用ができる方

保護者が、次のような事由で、お子さんを保育できないときに申し込めます。

  1. 会社や自宅を問わず、1日4時間以上かつ月16日以上働いているとき
  2. 出産の準備や出産後の休養が必要なとき(産前産後各8週間)
  3. 病気や障害のため保育が困難なとき
  4. 病人や障害者を介護しているとき
  5. 大学や職業訓練校、専門学校などに通っているとき
  6. 仕事を探しているとき
  7. 育児休業が終了し、仕事に復職するとき(※1)
  8. 自宅や近所の火災などの災害の復旧にあたっているとき
  9. 虐待や配偶者等からのDV(家庭内暴力)のおそれがあるとき

 (※1)育児休業中の申請ができる人は、入所後復職する方です。(例えば4月1日入所の方は5月1日までに復職する方です。)

2 利用申請が可能な施設

  施設・事業 実施年齢 内 容
認可保育所 0〜5歳  横浜市が設置する市立保育所と社会福祉法人等が設置する私立保育所があります。
認定こども園
(保育所部分)
幼稚園と保育所の機能や特長を併せ持つ施設です。
家庭的保育事業 0〜2歳   家庭的な雰囲気のもとで、少人数を対象にきめ細かな保育を実施する事業です。
小規模保育事業 定員が6名以上19人以下と比較的小規模な環境できめ細かな保育を実施する事業です。

事業所内保育事業
(地域枠)
企業が従業員の子どもの保育に加え、地域において保育を必要とする子どもにも保育を実施する事業です。

※28年4月1日時点で、泉区には該当施設がありません。

3 支給認定申請

 平成27年4月1日から、子ども・子育てに関する新制度「子ども・子育て支援新制度」横浜市のサイトへが始まりました。
 新制度では、保育所や幼稚園等を利用するために「3つの区分による支給認定」を受けることが必要になります。

支給認定の種類

認定区分 対象となる子ども 利用できる主な施設
1号認定 満3歳以上の就学前で、保育を必要としない子ども 幼稚園(新制度対象の園)
認定こども園(幼稚園部分)
2号認定 満3歳以上の就学前で、保育を必要とする子ども 保育所
認定こども園(保育所部分)
3号認定 満3歳未満で、保育を必要とする子ども 保育所
認定こども園(保育所部分)
地域型保育事業(家庭的保育、小規模保育など)

注)認定は、利用の申請と同時に行うことができます。

4 利用申請

保育所の利用を希望する方は、支給認定申請手続きに加え、利用申請の手続きを行っていただく必要があります。
 利用開始を希望する年月日により、申請の締切日が異なります。

【申請場所】

申請対象 申請場所
泉区にお住まいで横浜市の園を希望する場合 泉区役所(※4月入所は除く)
他の区または市外にお住まいで泉区の園を希望する場合 お住いの区役所または自治体
希望する保育所が横浜市外の場合 保育所所在地の自治体にお問い合わせ下さい。


【申請締切日】

利用開始月 申請受付期間 利用開始月 申請受付期間
30年 5月  受付終了 30年11月  9月11日(火)〜
10月10日(水)
     6月  受付終了     12月 10月11日(木)〜
11月 9日(金)
     7月  5月11日(金)〜
 6月 8日(金)
31年 1月 11月12日(月)〜
12月10日(月)
     8月  6月11日(月)〜
 7月10日(金)
     2月 12月11日(火)〜
 1月10日(木)
     9月  7月11日(水)〜
 8月10日(金)
     3月  1月11日(金)〜
 2月 8日(金)
    10月  8月13日(月)〜
 9月10日(月)
   

※原則、各月1日からの利用開始です。
※窓口受付のみです。(郵送での受付は行っていません。)

5 泉区内保育施設の空き状況

泉区内の保育施設の空き状況は毎月5日頃までに更新します。

平成30年7月の保育所等施設入所可能人数pdf(PDF形式298KB)

6 保育所等整備事業について

平成31年4月から整備(予定)される保育所等について

<幼稚園から幼保連携型認定こども園へ移行する園>

施設名 定員 備考
(仮称)
ふじづかようちえん
ふじづかほいくえん
27人 1歳クラスから受け入れ予定

横浜市内の整備状況については、こども青少年局横浜市のサイトへページに掲載しています。

7 申請に必要な書類

  • 支給認定申請書(2・3号用)
  • 利用申請書(2・3号用)
  • 2号・3号認定理由申立書
  • マイナンバー記入用紙
  • 保育を必要とすることを証明する書類(世帯の状況により必要な書類が異なります)

必要書類のダウンロード


必要書類のダウンロード横浜市のサイトへは、こども青少年局のホームページからできます。

8 平成31年4月入所をご希望の方へ

平成31年4月の保育所等利用についての案内は8月頃に掲載予定です。

9 泉区の保育所一覧

10 一時保育の案内

(1)対象児童について
  認可保育所(家庭的保育事業、小規模保育事業、認定こども園の保育所部分、横浜保育室を含む)に在籍していない未就学児童

(2)一時保育の内容

種類 内  容 利用限度
非定型的保育 保護者等の就労、職業訓練や就学等により、家庭での保育が断続的に困難となる児童をお預かりします。 週3日または月120時間以内
緊急保育 保護者等の疾病、入院、冠婚葬祭などやむを得ない理由により、緊急一時的に保育が必要となる児童をお預かりします。 1回に連続して14日以内
リフレッシュ保育 育児に伴う保護者の身体的、心理的負担を解消するため、一時的に児童をお預かりします。 1回のお申込みにつき1日以内

(3)保育時間について
  原則として、各保育所の開所保育時間です。

(4)児童の送迎について
  保育所での送迎はありません。

(5)利用料について
  各保育所が定める利用料(日額)をご負担いただきます。
  また、利用料以外にも食費等の実費が必要な場合もあります。
  詳細は、各保育所にお問合せください。

(6)利用申請について
  一時保育実施保育所へ直接お申込みください。(保護者と保育所との契約になります。)
  なお、利用定員によっては、利用を制限させていただくことがあります。

(7)一時保育受け入れ保育所一覧
  ・泉区の受け入れ保育所一覧PDF形式PDF形式321KB)
  ・横浜市の受け入れ保育所一覧横浜市のサイトへ(横浜市こども青少年局)



PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。
ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。
Adobe Reader を入手するAdobe Reader ダウンロードページへ
※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

Excel ワークブックをご覧になるためには、Microsoft® Word や OpenOffice.org 等の、Excel ワークブックに対応したソフトウェアが必要です。
ご利用のパソコンの OS が Windows2000以降の場合は、以下のリンク先より Excel Viewer (無料) をダウンロード、インストールすることにより、Microsoft Excel がインストールされていないパソコンでも Excel ワークブックの表示および印刷ができます。
Excel Viewer を入手する Microsoftダウンロードセンター: Excel Viewer
※ Microsoft Office、Word、Excelおよび Windows は、米国 Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。


問合せ先
こども家庭支援課 こども家庭係 保育担当 2階210番
電話:045−800−2413
FAX:045−800−2513


メニュー ここから