- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   税務課   >   固定資産税 土地・家屋担当   >   住宅用家屋証明(建築後使用されたことのある住宅用家屋の証明)

住宅用家屋証明(建築後使用されたことのある住宅用家屋の証明)

固定資産の所在する区の区役所で発行します。
行政サービスコーナーでは扱っておりません。
なお、新築住宅(建築後使用されたことのない住宅用家屋)の証明は、横浜市建築局(旧建築・宅地指導センター)で発行します。
新築の住宅用家屋証明の詳細はこちらをご覧ください。

内容

 中古住宅(建築後使用されたことのある住宅用家屋)を取得された方が,不動産所有権移転登記に際して,登録免許税の軽減措置を受けるための証明書。
 

申請人

中古住宅(建築後使用されたことのある住宅用家屋)の取得者

持参するもの

  • 売買契約書若しくは売渡証書(提示)
  • 建物登記簿謄本若しくは抄本(提示)
  • 新住所の住民票
  • 未入居の場合は申立書(用紙は窓口にあります)

申請の要件

登記簿上の床面積が50平方メートル以上で,譲渡日以前20年以内に建築された家屋(耐火建築物は25年以内に建築された家屋)

手数料

1通につき1,300円




問合せ先
税務課土地担当 3階302番
電話:045-800-2361
FAX:045-800-2509


メニュー ここから