- トップメニュー|検索

横浜市泉区役所のトップページへ


このページの本文 ここから

トップページ   >   地域振興課   >   いずみ区民活動支援センター   >   講座・イベント情報詳細   >   「コミュニティカフェの魅力を感じてみよう」講座 開催報告

「コミュニティカフェの魅力を感じてみよう」講座 開催報告


 コミュニティカフェの魅力を感じてみようロゴ


コミュニティカフェとは?

人が集い、まちの情報がある。そして友達を見つけたり、様々なチャレンジのきっかけにもなる、だれもが利用できる「たまり場」の総称です。さらに、単なる居場所の役割だけではなく、地域のまちづくり活動の拠点及び発信基地となりうる可能性もあります。

いずれの回も、募集定員を大幅に上回る50人以上の参加があり、コミュニティカフェに関心があることがわかりました。

開催概要

【日時・会場】 

第1回  平成30年623日(土) 10時から1230分まで   泉区役所4ABC会議室
第2回  平成30年77日(土) 10時から12時まで   泉公会堂会議室
視察・研修   平成30年721日(土) 10時から1130分まで   港南台タウンカフェ(横浜市港南区)

【講師】

講師の斉藤保さん写真 株式会社イ−タウン 代表取締役
横浜コミュニティカフェネットワーク 代表

斉藤 保
 氏

【ゲスト】※第2回のみ

写真左から
旭区ハートフルポート店主 五味真紀氏
泉区コミュニティだんだんマネージャー 丹羽喜代子氏

講座内容

【第1回】「多彩なコミュニティカフェに学ぶ15の事例」

・様々なコミュニティカフェの事例紹介や実際に運営する際の実務的なポイント、さらに仲間の集め方や組織づくりに欠かせないビジョンの重要さなど多くの内容を学びました。

・グループワークを通じて、地域で同じ意思を持っている方に出会えたことや、思いを共感できたことに手ごたえを感じている受講者もいらっしゃいました。また講座への参加を通じて、泉区内で開設している「コミュニティカフェ」に手伝いに行くという受講者の「つながり」もうまれました。

講師の齋藤保氏 受講者でギッシリの会場
(泉区役所)
第2回は会場を泉公会堂に移して
実施しました。


【第2回】「コミュニティカフェを始める7つのツボ」

・前半はコミュニティカフェを運営中の泉区コミュニティだんだんの丹羽さんと、旭区ハートフルポートの五味さんをゲストに招き、お話を伺いました。コミュニティカフェの立ち上げに至った経緯やボランティアの集め方など、運営当事者のお話は受講者にとって大変参考になったようです。

・後半はコミュニティビジネスとしての視点から、コミュニティカフェの開設・運営のための資金や組織作りのコツについて学びました。

【港南台タウンカフェ視察・研修】

・本講座の受講者の中から希望者を募り、港南台タウンカフェ(港南区)へ視察・研修を実施しました。

・コミュニティカフェの雰囲気を十分に味わいながら、齋藤氏から運営のノウハウを学びました。

・研修後は交流を兼ねて、港南台タウンカフェで参加者皆でランチをいただきながら情報交換を行いました。

 
港南台タウンカフェでの研修の様子   研修後は、ランチをしながら情報交換

参加者の声

・コミュニティカフェに興味を持つ仲間に出会え、同じ思いを共有できたこと。それにより、気持ちを後押しされたこと。

・コミュニティカフェの目的、ねらい、コンセプトが重要だということ。

・若い世代が動かなければならない、と思ったこと。

・人とのつながりや仲間を増やすことで、コミュニティカフェの開設を実現できるように思えたこと。

・本講座を通じて、居場所を必要としている多くの人がいることに気付いたこと。

・自分の力量でどのようなことができるのか、考える機会となったこと。

まとめ

・本講座では、様々な事例からコミュニティカフェについての多くの内容を学ぶことができました。さらに、「居場所づくり」への「思い」だけではコミュニティカフェの開設は難しいことも学びました。コミュニティカフェ開設へ向けて、受講者それぞれが「持っているもの」「足りないもの」を認識できたと考えます。

・講座後の受講者アンケートから、「共感」「共有」といったキーワードを多く読み取ることができました。地域の居場所を作りたいと思っている仲間に出会えたことや気持ちに共感し合えたこと、さらにグループワークなどを通じて、思いを共有できたことがよかったと答えてくださった多くの受講者がいらっしゃいました。

・講座に参加してくださった方やコミュニティカフェのような「居場所」を必要としている方たちへ向けて今後どのように応援できるのか、当センターも皆さんとともに今後も考えていきます。

 



PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。
ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。
Adobe Reader を入手するAdobe Reader ダウンロードページへ
※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。


問合せ先
地域振興課いずみ区民活動支援センター (1階104番)
電話:045−800−2393
FAX:045−800−2518


メニュー ここから