- トップメニュー|検索

福祉保健課(健康づくり係)

横浜市がん検診

死亡原因の第1位であるがんを早期に発見し、適切な治療に結びつけるため、がん検診を実施しています。
横浜市のがん検診について(健康福祉局のページへ)横浜市のサイトへ

福祉保健センターで受けられる「横浜市がん検診」(予約制)

福祉保健センターでは、以下の2つの「横浜市がん検診」を受けられます。
予約制です。それぞれのページで詳細を確認の上、ご予約ください。

医療機関で受けられる「横浜市がん検診」

 胃がん肺がん大腸がん子宮がん乳がんPSA検査
(前立腺がん)
対象者 満40歳以上(男女)
年度内に1回
満40歳以上(男女)
年度内に1回
満40歳以上(男女)
年度内に1回
満20歳以上(女性)
2年度内に1回
満40歳以上(女性)
2年度内に1回
満50歳以上(男性)
年度内に1回
費用 3,140円 680円 600円 頸部のみ…1,360円
頸部+体部…2,620円
1,370円 1,000円
検査内容 胃部エックス線検査 胸部エックス線検査 便潜血検査 頸部:頸部細胞診検査
頸部+体部(※):頸部細胞診検査+体部細胞診検査
(※ 体部検査は医師が必要と判断した方が対象)
視触診+マンモグラフィ検査 血液検査

受診方法

  • 受診の際は、実施医療機関に「横浜市のがん検診を受けたい」と電話で予約をしてください。
  • 「横浜市がん検診」は、お住まいの区以外の実施医療機関でも受診できます。

費用が免除になる方

 対象者手続き方法
後期高齢者医療制度が適用される方  検診日に「後期高齢者医療被保険者証」などをお持ちください。
生活保護世帯の方 検診日に「休日・夜間等診療依頼証」を当日お持ちください。
中国残留邦人支援給付制度が適用される方 検診日に「本人確認証」を当日お持ち下さい。
上記1〜3を除く70歳以上の方       検診日に「健康保険証など、年齢が確認できるもの」をお持ちください。
市民税県民税の非課税世帯・均等割のみ課税世帯の方 事前に手続きが必要です。お手続き方法は、健康づくり係へお問合せください。

子宮頸がん・乳がん・大腸がん無料検診について

 特定の年齢(対象者)の方を対象に、子宮頸がん・乳がん・大腸がん無料検診を実施しています。
 詳しくは、こちら(がん検診推進事業のページ)をご覧ください。

このページの先頭へ