- トップメニュー|検索

提供体制

横浜市の救急医療について

 横浜市では限られた医療資源を有効に活用し、適切な医療を提供するため、救急医療機関の持つ医療機能に応じて初期・二次・三次、疾患別等に分けて救急患者の受入体制を整備しています。


災害医療提供体制

 災害時に多数の傷病者が発生すると、医療の需要と供給のバランスが大きく崩れるため、横浜市内の医療資源を結集して、効率的に医療を提供する必要があります。
 横浜市では、災害時、傷病者の緊急度や重症度に応じた医療を提供する体制を整えています。


脳血管疾患に対する取組

 脳血管疾患は、発症から治療までの時間が短いほど後遺症を軽減できる可能性があるため、発症した場合にはできるだけ早く専門医がいる医療機関で治療を受ける必要があります。
 横浜市では、脳血管疾患の救急対応が可能な病院の協力を得て救急医療体制を構築しています。