- トップメニュー|検索

小児医療

救急電話相談


 急な病気やけがで、医療機関へ行くか、救急車を呼ぶか迷ったときに#7119へおかけいただくと、看護師が聞き取った症状に基づき、緊急性や受診の必要性などの判断を行い、受診可能な医療機関の案内や119 番への転送をします。
 受診の際は、各病院に診察状況を確認してからお出かけください。

 ※これまで小児を対象に行っていた小児救急電話相談を、平成28年1月15 日(金)18 時から、
 成人までの全年齢に対応するよう対象年齢を拡大し、、#7119という短縮電話番号でサービスを提供しています。

 

救急医療情報センター


 横浜市救急医療情報センターでは、急な病気やけがのときに、24時間年中無休で、市内の受診可能な医療機関をご案内しています。
 受診の際は、各病院に診察状況を確認してからお出かけください。



夜間・休日の救急医療機関の案内


 夜間又は休日の急病時に受診できる夜間急病センター、休日急患診療所やそのとき受診することができる医療機関を紹介する救急医療情報センターなどをご案内します。



横浜市の小児救急医療体制


 午前0時以降の小児救急は、小児救急拠点病院で受入れています。
小児救急拠点病院については、上記リンクからご確認いただけます。
 受診する際は、必ず事前に電話確認して、お出かけください。
 ※救急医療は症状の重いと思われる方を優先します。



小児医療費助成制度


 横浜市内に住所があり健康保険に加入しているお子さんが、病気やけがで医療機関に受診したときに、年齢に応じ保険診療の一部負担金を助成する制度です。
(健康福祉局 保険年金課のページへのリンクです。)