本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  区の魅力 > 歴史散歩 > 歴史散歩 帷子川

わがまち保土ケ谷 歴史散歩

帷子(かたびら)川

 帷子川は旭区若葉台付近を水源として、横浜港に注いでいる全長17kmの二級河川です。

 名前の由来は、昔、北側の河口部沿岸がなだらかで、片側だけが平地だったことから「片平(かたひら)」の名が起こり、それが「帷子」となったと言われています。

 江戸時代、帷子川河口には舟着場があり、潮の干満を利用した舟運の拠点として、商人が薪や炭を江戸方面に送るなどにぎわいを見せていました。

 明治になると絹のスカーフの輸出が急増し、港に近くて水陸の交通の便が良く、清流で豊富な水量があったことなどから、帷子川周辺に染色工場が集まりました。

 捺染(なっせん)の最後の工程で、布の余分な染料やのりを落とすため、川の流れを利用して水洗いする作業があり、流れ出した染料で川も七色に変わったと言います。

 以前は、川の蛇行が激しく大雨のときなどに度々はんらんしたことから「暴れ川」の異名をとっていましたが、河川改修や分水路の整備が行われ治水対策が進みました。

 河川改修によって川辺公園と帷子川護岸の整備を同時に行い、一体的な親水施設となり、区民に親しまれています。


川辺公園親水護岸

川辺公園親水護岸