本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  区の魅力 > 区のみどころ紹介 > みどころ紹介 天王町・峰岡・常盤台

区のみどころ紹介

いきいき!!くらしの交差点

天王町・峰岡・常盤台地区
(岡沢町、釜台町、鎌谷町、川辺町、天王町、常盤台、峰岡町、峰沢町、宮田町、和田一〜二丁目)


人でにぎわう商店街  この地域は、交通の便も良く、図書館や公会堂など区民が利用できる施設が多く、活気ある商店街や大型スーパーが、人々のくらしをサポートしています。

洪福寺松原商店街

 横浜のアメ横”としてマスコミにも取り上げられる洪福寺松原商店街は、地元住民だけでなく、市外から買い物に訪れる人もたくさんいます。
 1年を通して、多くの買い物客でにぎわい、特に歳末大売出しのときは、熱気で冬の寒さも飛んでしまうほどです。お店の人の威勢の良い掛け声に、品物と一緒に元気も持ち帰れます。
   ●交通: 相鉄線「天王町」下車

シルクロード天王町

 平成10年2月に完成したモール「シルクロード天王町」。かつて国道16号は八王子から横浜港へ絹を運ぶ道でした。ネーミングはそこからきています。
 昔、捺染(なっせん)業が栄えました。歩道の一部には、川に美しい布をさらしていたイメージで舗装されています。また、街路灯は繭(まゆ)をイメージしています。
  ●交通: 相鉄線「天王町」下車
シルクロード天王町風景

川辺公園と親水護岸

上空から見た川辺公園親水護岸  川辺公園と帷子川親水護岸の整備を同時に行い、一体的な※親水施設となっています。
 公園にはプールがあり、夏は子どもたちのはしゃぐ声が響き渡ります。
 隣接する親水護岸は、川と身近にふれあえる場所です。
 川を見ていると、コイやボラなどの魚やカルガモやコサギなどの水鳥を発見できるかもしれません。1度チャレンジしてみてください。
   ※親水護岸・・・川岸におりて、直接、川の水にふれられる場所
   ●交通: 相鉄線「星川」下車

横浜国立大学キャンパス

 ゴルフ場の跡地である、緑豊かなキャンパスが今でも広がっています。その中には、この地域の極性(本来の植生)を持った林もあります。大学構内からは横浜ランドマークタワーなども望めます。
  ●交通: 
    (1)市営バス201・202系統「横浜国大前」下車
    (2)相鉄バス「横浜国大」下車
    (3)相鉄バス「和田町」下車徒歩20分
キャンパスで遊ぶ子どもたち

常盤公園

 保土ケ谷の素封家がつくった「常盤円」が一般に公開。今は、その一部が市に移管され「常盤公園」となり
ました。
 緑が多い公園の中央部は運動広場で、テニスコートや弓道場などがあり、スポーツと憩いの場になって
います。
  ●交通: 
    (1)市営・相鉄バス「常盤園前」下車
    (2)相鉄線「和田町」下車徒歩15分


和田村道橋(みちはし)改修碑

 シルクロードと呼ばれる八王子道は、帷子川沿いの山の斜面をうねっていく道でした。江戸時代から改修が加えられ、その新道改修碑が元文2年(1737)建てられました。
 保土ケ谷中学校入口近く、釜台歩道橋の下にあり、横浜市地域文化財に登録されています。
  ●交通: 相鉄線「上星川」下車徒歩6分