本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  区の魅力 > 区のみどころ紹介 > みどころ紹介 星川・桜ケ丘・月見台

区のみどころ紹介

多様な万華鏡のまち

星川・桜ケ丘・月見台地区
(岩崎町、岩間町、霞台、帷子町、神戸町、桜ケ丘一〜二丁目、月見台、初音ケ丘、花見台、
 星川一〜三丁目、明神台)


YBP遠景

 四季折々の自然と文化が楽しめる県立保土ケ谷公園・かながわアートホール、近代的なまちなみの横浜ビジネスパーク(YBP)などがあります。
 スポーツ・文化・ビジネスの拠点にさまざまな人たちがつどいます。
自然や建築物そして人々の活動がきらめく万華鏡のまちです。


県立保土ケ谷公園

 広い園内では、桜・梅・イチョウ並木と四季折々の風景が楽しめます。
 野球場・サッカー場など、さまざまな施設が集まるスポーツの拠点であり、地域の文化拠点「かながわアートホール」もあります。
 月1回、保土ケ谷の新鮮な野菜が買える市民朝市が開かれ、保土ケ谷の農業にふれることもできます。
  ●交通:
  (1)相鉄線「星川」・「和田町」下車徒歩15分
  (2)保土ケ谷駅西口から市営バス「保土ケ谷野球場前」下車

      写真:「イチョウ」と「アートホール」は区政70周年記念
       「保土ケ谷の四季フォトコンテスト」より

高校野球風景

横浜ビジネスパーク(YBP)

 3つの高層ビル群が立ち並ぶ中、屋外彫刻が置かれ、アート感覚と潤いのある景観が楽しめます。
 ここは、区内のビジネス拠点であり、以前は社会福祉(社会福祉法人 保土ケ谷区社会福祉協議会、横浜市保土ケ谷区福祉保健活動拠点)、生涯学習(保土ケ谷区生涯学習センター)の拠点でもありました。
 ※現在は社会福祉協議会及び福祉保健活動拠点は星川駅前の複合施設「かるがも」に、生涯学習センターはほどがや市民活動センター(アワーズ)として保土ケ谷図書館横に移りました。
 近くには「保土ケ谷スポーツセンター」、「神明社」もあり、たくさんの人たちが、つどう場所となっています。
  ●交通:
    (1)相鉄線「天王町」下車
    (2)JR「保土ケ谷」下車徒歩11分


星川中央公園

花を植える子どもたち

 花壇、フットサルコートなどがあります。ほどがや花フェスタなどのイベントが行われ、多くの人で賑わいます。
  ●交通: 相鉄線「星川」下車

岩間市民プラザ

 ホール・ギャラリー・スタジオの貸しだしを行っています。この中には「保土ケ谷区国際交流コーナー」、障害のある人たちの社会参加を進める「偕恵いわまワークス」も入っています。
 文化・福祉・国際交流など、さまざまな人たちの活動拠点になっています。
 玄関の前に「保土ケ谷宿跡の碑」があり、昭和44年までは、保土ケ谷区役所もこの場所にありました。
  ●交通: 相鉄線「天王町」下車