本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  区長の部屋(鈴木区長) > 区長の部屋 No.13 3度目の 3.11 

区長の部屋

3度目の 3.11

 3度目の3月11日を迎えました。
もう3年が過ぎたの?
まだ3年しか経ってないの? 
時の経過の受け止め方は、皆さんそれぞれだと思います。


 比較的被害の少なかった横浜でさえ、あれほどの揺れを感じ、どこに逃げようか、一瞬ではあるけれど、もしかしたら駄目かもしれない、そう思った人も大勢いると思います。 その時の恐怖、今でも覚えていますか?
大震災そのものが風化していませんか?

 人間は、ある意味では、忘却ということが得意な生物です。なぜか、自分の生命をしっかりと全うしよう、何があっても前を向いて生きていこう、そういう思考ができる生き物だからです。


 でも、今回の東日本大震災の教訓は、決して忘れてはいけないと思います。
亡くなられた方、依然として行方不明のままの方、いまだに仮設住宅で暮らしている方、故郷に帰ることをあきらめて新たな土地で暮らそうと決意をした方、このような多くの方のつらい思いを考えたとき、決して忘れてはいけない、そういう思いを強くします。


  震災の教訓を踏まえて作成された「わが家の地震対策」を、被災者の皆さんからいただいた、生き抜いていくための貴重な知恵であり備えと考え、「20万区民の自助・共助による減災運動」にもっともっと積極的に取り組んでいかなければならないと、今また、強く感じています。


 心を一つに減災運動に取り組み、保土ケ谷区をより一層災害に強いまちにしていきましょう。


平成26年3月11日  保土ケ谷区長  鈴木 和宏(すずき かずひろ)