本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  区長の部屋 > 区長の部屋 No.3 「ほどがや花憲章」が制定20周年を迎えました!

区長の部屋

「ほどがや花憲章」が制定20周年を迎えました!

 保土ケ谷区では、地域・学校・事業者の方々とともに「ほどがや花憲章(0.40MB)」を平成10年4月に制定し、ともに連携しながら、さまざまな活動を通して、花と緑を愛し、清潔できれいな街づくりを目指しています。この花憲章は、横浜市唯一のものであり、今年は制定20周年の記念の年となります。

 こうした理念の普及と、花の街づくりを目的として始まった「ほどがや花フェスタ」は、
19回目を迎え、今年は5月19日に星川中央公園で開催されました。今回は20周年を
記念して、花憲章の7つの宣言に基づくこれまでの具体的な取組を振り返るパネル
展示のほか、コンテスト形式の「花薫る街ほどがや写真展」を開催しました。ご来場
の皆様には、区内の花と緑の風景を写した美しい写真40点をご堪能いただきました。

 記念イベントのほかにも、ステージでは素晴らしい音楽やダンスからなるフラワー
コンサートが、会場では40を超える出店が、花フェスタを盛り上げてくれました。また、
会場では特設花壇や、近隣保育園の園児さんに準備をお手伝い頂いたプランターの
花々が会場に彩りを添えました。

  

 当日朝までお天気が心配されましたが、天候も無事回復し、多くの皆様にお越しいただくことが出来ました。ありがとうございました。
 今後も、保土ケ谷区では「ほどがや花憲章」の普及とともに、ほどがやの「花の街づくり」に取り組んでまいります。



平成30年5月
  保土ケ谷区長  菅井 忠彦(すがい ただひこ)