本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  区長の部屋 > 区長の部屋 No.21 「大都市制度フォーラムin保土ケ谷区」を開催しました!

区長の部屋

「大都市制度フォーラムin保土ケ谷区」を開催しました!

 平成30年3月10日(土)に、横浜市が実現を目指す大都市制度「特別自治市」についてご説明する「大都市制度フォーラムin保土ケ谷区」を保土ケ谷公会堂で開催し、約530人もの多くの方々にお越しいただきました。
 
 第一部では、林文子市長が、「魅力あふれる都市の実現に向けて」と題して、保土ケ谷区の魅力や、横浜市が抱える課題、それを解決するための大都市にふさわしい権限と財源を備えた「特別自治市」のメリットについて、講演しました。


【林文子市長】

 
【基調講演の様子】


 第二部では、コーディネーターにアナウンサーの渡辺真理さん、ゲストに横浜市出身のモデル・タレントのはなさんをお迎えし、平原敏英副市長と私も登壇させていただき、座談会を行いました。 


【渡辺真理さん】

 
【はなさん】


 座談会では、「特別自治市」の実現による効果として考えられる、河川管理の権限の移譲による申請窓口の一元化や、がけ地対策における二重行政の解消などについて、保土ケ谷区の実情や身近な例を交えてお話ししました。


【座談会の様子】

 
【特別自治市の概要説明】


 来場者の皆様からは、「保土ケ谷区の内容を通して説明を聞いたので具体的で分かりやすかった」、「自分の住んでいる横浜市の取組や課題がよく分かって、より横浜について考えようと思った」などのご感想をいただき、特別自治市制度をより深くご理解いただけたのではないかと思います。
 「特別自治市」の実現に向け、今後も引き続き取り組んでまいります。
 

 

平成30年3月  保土ケ谷区長  菅井 忠彦(すがい ただひこ)