本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  ほどがや子育て情報 ぴよぴよぽっけ > 赤ちゃんがうまれたら

子育て情報ぴよぴよぽっけ

赤ちゃんが生まれたら

出生届

 詳しくは、戸籍課にお問い合わせください。image-02-1.gif     
 
(問合せ)
戸籍課戸籍担当 区役所本館1階1番窓口
電話番号045−334−6231    FAX番号045−335−6781  

出生連絡票

母子健康手帳の本冊についているハガキです。
出生後必要事項を記入してなるべく早く提出しましょう。出生届提出時や児童手当手続時に窓口に直接お持ちいただくこともできます。

 

1 こんにちは赤ちゃん訪問について
横浜市にお住まいで、赤ちゃんの生まれたすべてのご家庭が対象です。生後4か月までにあなたの地域の訪問員が、事前にお電話でご都合をお伺いしたうえで、身近な地域の子育て情報等をお家にお届けします。連絡のつかない場合には、直接伺うこともあります。

*もっと詳しく(横浜市こども青少年局のページへ)

2 母子訪問について
初めての赤ちゃん及びそのお母さんを対象に、助産師や保健師が訪問し、赤ちゃんの体重を測ったり、育児についての心配事の相談、予防接種や健診の受け方などについてお話をします。

(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6323    FAX番号045−333−6309

出生連絡票 画像をクリックすると拡大します



健康保険の加入手続

 

【横浜市国民健康保険の場合】
 詳しくは、保険年金課のページをご覧ください。

(問合せ)
保険年金課保険係 区役所本館1階7番窓口
電話番号045−334−6335    FAX番号045−334−6334

【社会保険などの場合】
 勤務先、健康保険組合、年金事務所、全国健康保険協会支部にお問い合わせください。



出産育児一時金

【横浜市国民健康保険の場合】
 詳しくは、保険年金課のページをご覧ください。

 

(問合せ)
保険年金課給付担当 区役所本館1階8番窓口
電話番号045−334−6338    FAX番号045−334−6334

 【社会保険などの場合】
 勤務先、健康保険組合、全国健康保険協会支部にお問い合わせください。 

小児医療費助成

詳しくは、保険年金課にお問い合わせください。

(問合せ)
保険年金課給付担当 区役所本館1階8番窓口
電話番号045−334−6338    FAX番号045−334−6334

もっと詳しく(横浜市健康福祉局のページへ)



児童手当

子どもを養育している方に「児童手当」を支給することによって、次代を担う子どもの健やかな育ちを支援することを目的とした制度です。
対象児童の年齢制限があります。

(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6297    FAX番号045−333−6309

もっと詳しく(横浜市こども青少年局のページへ)



乳幼児健康診査

福祉保健センターでは、4か月児、1歳6か月児、3歳児を対象に計3回の健診を行っています。

「健診の日程」ページをご覧ください。

(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6297    FAX番号045−333−6309

もっと詳しく(横浜市こども青少年局のページへ)




予防接種

お子さんが細菌やウイルスに感染すると、大人に比べ重症になることが多いため、これらの感染症にかからないように、法律で定められた予防接種(無料)を協力医療機関で受けることが大切です。

詳しくは「保存版・予防接種のしおり」(母子健康手帳とともに交付)、「広報よこはま・ほどがや区版(保健だより)」をご覧ください。

 (問合せ)
福祉保健課健康づくり係 区役所本館3階32番窓口
電話番号045−334−6345    FAX番号045−333−6309

image


母乳相談 (予約制)

「母乳が出ているか心配」「おっぱいが足りているか不安」「卒乳がしたい」などのおっぱいについての心配事やトラブルに関してアドバイスなどを行います。

(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番 
電話番号045−334−6323    FAX番号045−333−6309
もっと詳しく


子どもの食事について

中期離乳(7〜8か月)の養育者を対象に月1回開催する「離乳食講習会」と個別相談の「子どもの食事相談」があります。

(問合せ)
福祉保健課健康づくり係 区役所本館3階32番窓口
電話番号045−334−6346    FAX番号045−333−6309
もっと詳しく


未熟児養育医療給付制度

生まれたときの体重が2,000グラム以下または生活力が特に薄弱な乳児で、以下の2点を満たす場合、医療費が公費で負担されます。

1  医師が入院養育を認めた場合
2  指定医療機関に入院した場合

(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6297    FAX番号045−333−6309
もっと詳しく


産前産後ケア事業

妊娠中または出産後5か月未満(多胎児出産の場合は出産後1年未満)で、体調不良等によって子育てに支障があり、家事や育児の負担の軽減を図る必要がある母親に対し、ヘルパーを派遣します。
ヘルパー派遣に該当するかどうか、いくつかの要件を確認した上で決定します。

(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6297    FAX番号045−333−6309
 
もっと詳しく (横浜市こども青少年局のページへ)


医療機関乳幼児健康診査 (無料育児相談)

 母子健康手帳別冊の中にある受診票を使って、 医療機関で健康診査が3回受けられます。
    1. 内容
      健康診査及び育児相談の費用が公費負担されます。
      ただし、病気の治療などの費用は含まれません。
    2. 相談回数、受診できる期間
      この受診票の該当する有効期間内で、受診票を使用できます。
        標準の受診月齢 受診票の有効期間
      (無料で受診できる月齢)
      1回目 生後1か月 生後0か月〜3か月(4か月未満)
      2回目 生後7か月 生後5か月〜8か月(9か月未満)
      3回目 生後12か月 生後9か月〜12か月(13か月未満)

  • 受診できる医療機関
    市内の「医療機関乳幼児健康診査(無料育児相談)」を実施している医療機関でのみ受診できます。なお、医療機関によって実施日などが異なりますので、事前にご確認のうえご利用ください。
 横浜市外の医療機関では実施していませんのでご注意ください。

(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6297    FAX番号045−333−6309

*もっと詳しく(横浜市こども青少年局のページへ)

▲TOP