本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  ほどがや子育て情報 ぴよぴよぽっけ > 妊娠したら

ほどがや子育て情報ぴよぴよぽっけ

妊娠したら

母子健康手帳

 母子手帳は、お母さんとお子さんの妊娠・出産・育児に関する健康状態を記録し、健康管理 に役立ちます。 また、お子さんの成長の様子は、きっとよい思い出になりますよ。
医師の診断を受け、妊娠していることがわかったら母子健康手帳をもらいましょう。 「妊娠届出書」をご記入ください。

お越しの際は、ご住所の確認できるもの(免許証・国民健康保険証など)をお持ちください。代理の方でも手帳を交付できる場合がありますが、妊婦さんについてあらかじめ確認していただきたい事項があります。詳細はお問い合わせください。
妊娠・出産についてのご相談もできます。

(問合せ・交付するところ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6297   FAX番号045−333−6309

 もっと詳しく(横浜市こども青少年局のページへ)

妊婦健康診査

妊婦の健康診査費用を補助します。
14回(12,000円×2回、7,000円×1回、4,700円×11回)分を補助します。

  • 検査費用総額が巻面の額未満の回には使用できません。
  • 横浜市が契約をした医療機関でのみ、ご利用いただけます。ご注意ください。
  • 妊婦健康診査費用補助制度については、こども青少年局のホームページをご覧ください。
 
 
(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6297    FAX番号045−333−6309

妊婦健康診査(横浜市こども青少年局ホームページへ)

妊婦歯科健診

妊婦歯科健診を使うと、妊娠中に1回、無料で歯科健診が受けられます。「歯科受診券」を持参して、妊娠12週〜27週頃に受けましょう。
                                      もっと詳しく(横浜市こども青少年局のページへ)

母親教室(予約制)

初産の方が妊娠、出産、子育てについての基礎知識を学びます。同じ頃に赤ちゃんが生まれる、同じ地域の人との出会いの場になります。友達を作るよいチャンスでもあります。

  • 対象  妊娠16週から32週まで(多胎の方は27週まで)
    ※※【注意】32週(多胎の方は27週まで)までに全4回を終了できる方が対象となります。※※
  • 会場  区役所本館3階 301・302会議室
  • 持ち物 母子健康手帳・筆記用具・子育てガイドブック
    (Aの回は「現在使用中の歯ブラシ」)
  • コース A〜Dの4回で1コース
    C回目は両親学級ですので、パパになられる方もご一緒にどうぞ

母親教室【健診の日程】へ

妊産婦健康相談(予約)

  • 対象  妊娠中から産後1年以内の方
  • 内容  妊娠中から産後の心と体、避妊など、助産師による相談
  • 持ち物  母子手帳

(問合せ)
こども家庭支援課 
電話番号045−334−6323     FAX番号045−333−6309

日程【健診の日程】へ

出産費用について

【横浜市国民健康保険の場合】
詳しくは保険年金課のページをご覧ください。
                     
(問合せ)

保険年金課給付担当 区役所本館1階8番窓口
電話番号045−334−6338    FAX番号045−334−6334

【社会保険などの場合】
勤務先、健康保険組合、年金事務所、全国健康保険協会支部にお問い合わせください。

助産制度

出産費用の支払が困難な方について、助成があります。所得が基準(市民税非課税世帯)以下の世帯の方が、指定医療機関で出産するときに助成の対象になる場合があります。

(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6353    FAX番号045−333−6309

もっと詳しく(横浜市こども青少年局のページへ)

産前産後ヘルパー

妊娠中または出産後5か月未満(多胎児出産の場合は出産後1年未満)で、体調不良等によって子育てに支障があり、家事や育児の負担の軽減を図る必要がある母親に対し、ヘルパーを派遣します。
ヘルパー派遣に該当するかどうか、いくつかの要件を確認した上で決定します。

(問合せ)
こども家庭支援課 区役所本館3階34番窓口
電話番号045−334−6297    FAX番号045−333−6309

もっと詳しく(横浜市こども青少年局のページへ)

▲TOP