本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  区の概要 > 区のあゆみ

区の概要

区のあゆみ

西暦 年号 できごと
901〜931 延喜〜延長の頃 「和名抄」に久良郡星川郷、都筑郡幡屋郷などの郷名がある。
1480 文明12 太田道灌の歌日記「平安紀行」に「帷子」の地名がある。
1559 永禄2 小田原北条氏の所領の記録「小田原衆所領役帳」に、星川、仏向、保土ケ谷、川島、今井の地名がある。
1601 慶長6 東海道に宿駅の制度が定められ、保土ケ谷宿が幕府の公認の宿場となり、本陣・問屋場が置かれた。
1648 慶安元年 新道(現在の旧東海道)ができ、宿場が移った。
1663 寛文3 保土ケ谷宿で大火、500棟が消失した。
1707 宝永4 富士山が噴火し、降灰のため凶作となった。(以後5回)
1831 天保2頃 葛飾北斎(1760〜1849)が「富嶽三十六景」のうち「境木」を作成した。
1834 天保5頃 安藤広重(1797〜1858)が「東海道五十三次」のうち「帷子橋」を作成した。
1848 嘉永元年 保土ケ谷宿で山駕籠の賃借が禁止された。
1854 安政元年 吉田松陰が保土ケ谷宿に来宿した。
1870 明治3 本陣、問屋場が禁止された。
1871 明治4 保土ケ谷郵便取扱所が設置された。
1873 明治6 程谷学舎が設置された。
1884 明治17 保土ケ谷〜戸塚間の新道が完成した。
1887 明治20 東海道程ヶ谷駅が完成した。
1889 明治22 横浜市が誕生した。
1915 大正4 西谷浄水場が竣工した。
1927 昭和2 保土ケ谷町と西谷村が横浜市に編入された。
保土ケ谷区が誕生した。
1929 昭和4 横浜市児童遊園地が開園した。
1933 昭和8 神中鉄道(現在の相模鉄道)が横浜駅へ乗り入れ、厚木〜横浜駅間が開通した。
1945 昭和20 市街地が空襲を受け、3200戸が消失した。
1949 昭和24 県営保土ケ谷球場が開場し、巨人対東急の試合が行われた。
1959 昭和34 横浜新道が開通した。
明神台団地が完成した。
1969 昭和44 10区が14区に再編され、保土ケ谷区から旭区が分区した。
1974 昭和49 保土ケ谷バイパスが開通した。
1977 昭和52 シンボルマークを制定した。
1980 昭和55 狩場町に環境事業局保土ケ谷工場が完成した。
保土ケ谷プールと老人福祉センター狩場緑風荘が開館した。
1981 昭和56 ほどがや地区センター・ほどがや希望の家が開館した。
1982 昭和57 保土ケ谷公会堂・保土ケ谷図書館が開館した。
1986 昭和61 西谷地区センターが開館した。
1987 昭和62 横浜水道記念館が開館した。
1989 平成元年 初音が丘地区センターが開館した。
保土ケ谷スポーツセンターが開館した。
市制100周年を記念して区の花(すみれ)と鳥(カルガモ)を制定した。
1990 平成2 横浜ビジネスパーク第1期工事分が完成した。
高速神奈川3号狩場線が開通した。
環状2号線(羽沢地区)が暫定開通した。
1991 平成3 横浜市岩間市民プラザが開館した。
偕恵いわまワークス・保土ケ谷区国際交流コーナーが開館した。
1992 平成4 県立保土ケ谷公園内に「かながわアートホール」が開館した。
区の色(ほどがやグリーン)を制定した。
上菅田地域ケアプラザが開館した。
川島町公園こどもログハウスが開館した。
1994 平成6 川辺公園の親水護岸が完成した。
1996 平成8 岩崎地域ケアプラザが開館した。
1997 平成9 「保土ケ谷区防災計画」を策定した。
保土ケ谷区が区制70周年を迎えた。
1998 平成10 環状2号線が開通した。
「ほどがや花憲章」を制定した。
かながわ・ゆめ国体が開催された。
1999 平成11 今井地区センター・今井地域ケアプラザが開館した。
2000 平成12 分区以来はじめて人口が20万人に。
2001 平成13 横浜市西部地域療育センターが開所した。
2003 平成15 複合施設「かるがも」が開館した。
2004 平成16 障害地域活動ホーム「ゆめ」が開館した。
2005 平成17 「くぬぎ台小学校コミュニティハウス」が開館した。
2006 平成18 市民活動支援センター(アワーズ)が開館した。
仏向地域ケアプラザが開館した。
2007 平成19 保土ケ谷区が区制80周年を迎える。
「区の歌〜わがまち、保土ケ谷〜」と
区の木」としてシイノキとハナモモを制定した。

シイノキ  ハナモモ
       シイノキ             ハナモモ    
2008 平成20 まちかど博物館」がオープンした。
「今井川プロムナード」が開通した。
2009 平成21 横浜開港150周年を迎える。
常盤台ケアプラザ・常盤台コミュニティハウスが開館した。
2010 平成22 たっち ほどがや(重度身体障害者生活支援施設)が開所した。
APECが開催された。
2011 平成23  たちばなの丘公園保土ケ谷区側がオープンした。
川島地域ケアプラザが開設された。
東日本大震災が起きる。
2013    平成25 横浜国立大学と連携協力協定を締結した。
横浜市初の協働契約が「ほどがや 人・まち・文化振興会」と締結され、市民協働事業として実施することになった。
2014    平成26 星川中央公園多目的広場がオープンした。