本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  手続き・サービス(ジャンル別メニュー) > 健康・医療 > インフルエンザの予防に努めましょう!

インフルエンザの予防に努めましょう。

〜特に喘息や糖尿病などの持病がある人、妊婦、乳幼児は早めに受診しましょう〜



 

インフルエンザかな、と思ったら


 38度以上の発熱、せきなどの症状があるときは、受診の前に必ず
医療機関に連絡し、受付の時間帯や受診方法等を確認のうえ、マス
クを着用して出かけてください。


●受診する医療機関がわからない場合

 平日9時〜17時     福祉保健課健康づくり係
                         TEL : 045−334−6345
                         FAX : 045−333−6309

 夜間・休日(24時間)  「救急医療情報センター」
                         TEL : 045−201−1199
                         FAX : 045−212−3808


●夜間・休日の受診先

 毎夜20時〜24時    「横浜市夜間急病センター」
                         TEL : 045−212−3535
                     中区桜木町1−1


 日曜・祝日10時〜16時「保土ケ谷区休日急患診療所」
                         TEL : 045−335−5975
                     保土ケ谷区天王町1−21





インフルエンザ予防接種について


高齢者インフルエンザ予防接種について(横浜市健康福祉局のページへ)

●ワクチンに関する相談窓口

 平日9時〜17時     「横浜市ワクチン相談窓口」
                         TEL : 045−671−4183
                         FAX : 045−664−7296




予防はどうすればいいの


●積極的な手洗いうがいをしてください。

●「咳エチケット(※)」を心がけましょう。
  ※咳やくしゃみをするときに、ティッシュなどで口や鼻を押さえたり、
   周りの人から顔をそむけるようにします。





※より詳しい情報は こちら をご覧ください。