本文へジャンプ - トップメニュー|検索
保土ケ谷区ヘッダー

トップ >  手続き・サービス(ジャンル別メニュー) > 福祉(高齢者・障害者) > 高齢者情報【はつらつシルバーエイジ】 > 高齢者 認知症とは?

ほどがや高齢者情報【はつらつシルバーエイジ】


認知症とは?

介護予防とは

 人は誰でも年をとると身体機能が若いころより衰えます。脳も体の一部なので
同じように加齢による変化が起こります。新しいことを覚えにくくなったり、物をどこに置いたか忘れて探したりすることがあります。
 日常生活に支障のないもの忘れは生理的な老化現象です。もの忘れで、日常生活に支障が出てくるものは、「認知症」が疑われます。
 65才以上で15人に1人患うといわれており、「認知症」は身近な病気です。


認知症と老化によるもの忘れのちがい

老化によるもの忘れ 認知症のもの忘れ
老化による生理的な変化 脳の病気
体験の一部を忘れる 体験のすべてを忘れる
短期間で変化ない 徐々に(急に)進行
性格に変化ない おこりっぽくなったり、疑い深くなる
日常生活に支障がない 日常生活に支障がある


認知症の種類

アルツハイマー型 脳血管性 その他

認知症の6割を占める。脳が萎縮していく

脳の血管障害から起こる

レビー小体病、感染症、正常圧水頭症など



認知症は早期発見・早期治療が大切!

 認知症の中には、ほかの病気が原因で引き起こされているものもあり、その病気を治療すれば、認知症の症状が改善されたり、治すことができます。
 また、アルツハイマー型や脳血管性などの認知症は治すことはできませんが、早い時期から治療を受ければ、服薬などで認知症の進行をゆっくりさせることは可能です。認知症が疑われたら、早めに専門医を受診しましょう。



認知症になってしまっても、あんしんして、暮らせるためのネットワークづくりがひろがっています!
認知症みまもりSOSネットワーク


ご本人の権利を擁護し支援する機関があります。

 横浜生活あんしんセンター



認知症予防のポイント