- トップメニュー|検索
横浜市  > プレスルーム  > ニュースリリース  > ニュースリリース(平成23年7月27日)

横浜市 海外報道機関・外国語メディア向ニュース配信「PRESS ROOM」
プレスルーム トップページ ニュースレター for English

ヨコハマトリエンナーレ2011 開催
〜8月6日(土)から11月6日(日)まで開催 内覧会を8月5日(金)に開催・参加者募集〜



 2001年に始まった現代アートの国際展、「横浜トリエンナーレ」の第4回展がいよいよ8月6日から開催されます。展覧会タイトルは「OUR MAGIC HOUR―世界はどこまで知ることができるか?−」です。世界や日常の不思議、魔法のような力、さらには神話、伝説、アニミズムなどに言及した作品に注目します。

 主会場は横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)で、オノ・ヨーコ、横尾忠則など78名/組の現代アーティストの作品とともに、横浜美術館の所蔵品も一部加えて展示されます。

 また、横浜市は「文化芸術創造都市・横浜」を掲げ、歴史的建築物や倉庫などを創造界隈拠点として文化・芸術に活用してきています。その拠点をで開催されるアートプロジェクトと連携する連携プログラムは50を超え、街中にアートがあふれる「まちにひろがるトリエンナーレ」を目指しています。

1 ヨコハマトリエンナーレ2011について
会期:2011年8月6日(土)〜11月6日(日)
休場日:8月・9月の毎週木曜日、10月13日(木)、10月27日(木)
会場:横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、その他周辺地域
開館時間: 11:00〜18:00 ※入場は17:30まで
主催:横浜市、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会
参考URL:ヨコハマトリエンナーレ2011 http://www.yokohamatriennale.jp/

【トリエンナーレの作品紹介】
 今回の注目の作品のひとつは、スイス生まれの作家、ウーゴ・ロンディノーネの2メートルもの彫刻作品(※1)です。横浜美術館の前に、暦の月を表す12体の作品が並びます。
 また、参加型プログラムとして、みなとみらい地区34街区に、ドイツ人作家のカールステン・ニコライの制作したステッカーを参加者全員で貼って、作品づくり(※2)に参加することができます。

※1 ウーゴ・ロンディーネ作 Ugo RONDINONE《moonrise.east.march》2005


Ugo RONDINONE
《moonrise.east.march》2005
Photo: Ellen Page Photography, New York
Courtesy the artist and Galerie Eva Presenhuber,
Zurich cthe artist


※2 カールステン・ニコライの参加型プログラム Carsten NICOLAI《autoR》2010
Carsten NICOLAI
《autoR》2010
Photo: Rene Zieger !
Courtesy Galerie EIGEN + ART,
Leipzig/Berlin and The Pace Gallery



横浜市  > プレスルーム  > ニュースリリース  > ニュースリリース(平成23年7月27日)

横浜市政策局秘書課報道担当- 2011年7月27日作成
ご意見・お問い合わせ ss-hodo@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3498
©2010 City of Yokohama. All rights reserved.