- トップメニュー|検索
横浜市  > プレスルーム  > ニュースリリース  > ニュースリリース(平成23年7月21日)

横浜市 海外報道機関・外国語メディア向ニュース配信「PRESS ROOM」
プレスルーム トップページ ニュースレター for English

横浜市長が中国・韓国でトップセールス



 林文子(はやしふみこ)横浜市長は、2011年6月13日(月)から17日(金)まで中国と韓国を訪れ、東日本大震災後の風評被害を払拭し、観光・MICEの目的地、外航船の寄港地、企業の進出先として横浜を安心して選んでいただけるよう、「横浜の安全と元気」をアピールしました。
 中国では横浜市と友好都市提携している上海(シャンハイ)市を訪れ、韓正(カン・セイ)上海市長と会見。両市の友好交流の一層の促進や観光誘客について話し合ったほか、大手旅行代理店へのトップセールス、地元メディアからのインタビュー・番組収録を通じてのアピールなどを行いました。

 また韓国では、横浜市のパートナー都市である仁川(インチョン)広域市及びソウル特別市を訪問しました。仁川広域市では、宋永吉(ソン・ヨンギル)仁川広域市長との会見のほか、地元メディアからのインタビューに応え、ソウル特別市では、呉世勲(オ・セフン)ソウル特別市長と会談するとともに、企業向け誘致セミナーの開催や孫京植(ソン・ギョンシク)大韓商工会議所会長との会談や韓国旅行雑誌社、最大手の旅行会社の訪問、韓国三大紙の一つである東亜日報による取材など、精力的なトップセールスを実施しました。

 横浜市は、羽田空港から30分というアクセスの良さから、外国人観光客、ビジネス客、コンベンション誘致企業から非常に高い評価をいただいています。今後も様々な機会をとらえて、世界に向けて「横浜の安全と元気」をアピールしていきます。

【6月13日(月)中国・上海市長訪問】 Mayor Hayashi and Mayor of Shanghai

 林文子横浜市長は韓正(カン・セイ)上海市長と会見しました。
 韓正上海市長は、「東日本大震災の被災地が一日も早く復旧し、美しい姿を取り戻すことを願っています。放射線については、中国でも情報が正しく伝えられており、横浜に中国の観光客が戻るのはそう遠くないと思います。林市長のご提案のとおり、横浜市とは今後も若い世代の職員相互派遣をはじめ、交流を促進したいと思っています。」と話し、両市の友好交流の一層の促進や観光誘客についての話し合いが行われました。

 ※上海市:中国経済の中心都市。人口2,221万人。昭和48年(1973年)11月横浜と友好都市提携。37年にわたり、文化・学術・経済など様々な分野で交流を重ねてきました。






【6月15日(水)韓国・仁川広域市長訪問】 Mayor Hayashi and Mayor of Shanghai
 林文子横浜市長は上海市から仁川広域市へ移動し、宋永吉(ソン・ヨンギル)仁川広域市長と会見しました。
 宋永吉仁川広域市長は、「横浜の安全は理解されています。9月には仁川企業の代表団が横浜を訪れる予定です。これを機会に仁川からの観光客が増えることを期待しています。」と話しました。

※仁川広域市:韓国首都ソウルに隣接する韓国第3の都市。人口274万人。平成21年(2009年)12月横浜市とパートナー都市提携。






【6月16日(木)企業誘致トップセミナー(韓国・ソウル)】 Mayor Hayashi and Mayor of Shanghai
 林文子横浜市長は韓国企業向けの「企業誘致セミナー」を開催するとともに、大韓商工会議所会長を訪問しました。
 韓国企業60社70人が参加した企業誘致セミナーにおいて、林文子横浜市長が「横浜の安全と優れたビジネス環境について」プレゼンテーションを行ったほか、既に横浜に進出している企業「マミロボット」の代表取締役による「韓国企業が見た横浜の企業環境」についての講演と、ジェトロソウルセンターによる「対日直接投資の現状と最近の主な事例」についての講演が行われました。 ロボット掃除機製造販売会社であるマミロボット社は、横浜進出について「市場アクセス、物流、人材確保、不動産コストについて有利です。助成金制度などの横浜市の進出企業支援サービス※もあり、経営を軌道に乗せる助けになりました。」と語りました。 孫京植(ソン・ギョンシク)大韓商工会議所会長からは「今回のセミナー開催によって、横浜が安全であることを韓国企業は知ったと思う。横浜は訪問したことがあり、観光するにも良い街で、原発事故による影響がないことを会員企業に伝える。」とのお言葉をいただきました。

※進出企業支援サービス:横浜市では、助成制度のほか、拠点設立のための各分野の専門家との面談アレンジや物件情報提供等を行っています。







【6月16日(木)企業誘致トップセミナー(韓国・ソウル)】 Mayor Hayashi and Mayor of Shanghai
 林文子横浜市長は呉世勲(オ・セフン)ソウル特別市長と会見しました。
 呉世勲ソウル特別市長は、「今後も都市デザインやシティネットでの協力をお願いいたします。」と話し、アジア太平洋地域の発展に貢献する横浜とソウルが今後もシティネットの活動を通じ、経済や都市関連技術の分野でより一層緊密な協力をしていくことを確認しました。
 また、前日に市内で行われた企業セミナーに触れ、「私も経営者だったら、横浜でビジネスをしたいと思います。」と話し、横浜市の企業誘致活動にエールを送りました。

 ※ソウル市:韓国の首都。人口約1,042万人。シティネット会員都市で実行委員都市。

 ※シティネット:アジア太平洋都市間協力ネットワークが正式名称で、アジア太平洋地域の都市問題改善・解決のために、会員(都市・団体)が協力してパートナーシップを構築し、技術移転や人材育成を進めている。


横浜市  > プレスルーム  > ニュースリリース  > ニュースリリース(平成23年7月21日)

横浜市政策局秘書課報道担当- 2011年7月21日作成
ご意見・お問い合わせ ss-hodo@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3498
©2010 City of Yokohama. All rights reserved.