- トップメニュー | 検索
平成30年度記者発表
横浜環状北西線のシールドマシンが到達しました
平成30年9月3日
道路局横浜環状北西線建設課
谷津 毅


横浜環状北西線のシールドマシンが到達しました
〜3.9km 掘り終えたシールドマシンを公開〜


横浜環状北西線は、横浜市と首都高速道路()が共同で事業を進めており、
東京2020オリンピック・パラリンピックまでの開通を目指しています。

 このたび、平成29年3月に緑区北八朔町から発進した横浜環状北西線の
シールドマシンが、約3.9キロメートルを掘り進め、
8月9日に都筑区東方町に到達しましたので、
報道機関を対象とした現場見学会を開催します。

 

 記者発表資 PDF形式499KB

 

PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

トップページ > 道路局 > 記者発表 > 平成30年度 > 横浜環状北西線のシールドマシンが到達しました