- トップメニュー | 検索
お知らせ

相模鉄道本線の鶴ヶ峰駅付近(西谷駅〜二俣川駅間)で地下方式による連続立体交差事業を進めます

〜 10箇所の踏切をなくし、交通渋滞の解消 〜


平成28年度から検討を進めてきた「相模鉄道本線(鶴ヶ峰駅付近)連続立体交差事業」の構造形式について、
鉄道を地下化する方式としました。

今後は、国庫補助事業として国から支援を受けられるよう調整を図るとともに、
事業化に向けた都市計画決定や環境影響評価などの手続きを進めていきます。



 記者発表資料PDF形式 556KB)

 

PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

トップページ > 道路局 > 記者発表 > 平成29年度 > 相模鉄道本線の鶴ヶ峰駅付近(西谷駅〜二俣川駅間)で地下方式による連続立体交差事業を進めます