- トップメニュー | 検索
お知らせ

「踏切安全対策実施計画」の策定について

 

 横浜市では、市内167か所の踏切に対し、今後の踏切安全対策を計画的に進めるため、「踏切整備計画」を策定し、平成27年4月に公表しました。

このたび、「踏切整備計画」で抽出した、安全対策を進める踏切10か所、連続立体交差候補5区間の対策内容についてとりまとめました。歩行者対策については概ね5か年を目標に、自動車対策については中長期的な視点で取り組むこととしました。
 また、
連続立体交差候補については、相模鉄道本線「鶴ヶ峰駅周辺」を最も優先的に事業化の検討を進める区間としました。



                                           <記者発表資料のダウンロードは ↓ こちらから>


                                                     <記者発表資料>


 

PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

トップページ > 道路局 > 記者発表 > 平成27年度 > 「踏切安全対策実施計画」の策定について